無料ブログはココログ

« 切迫早産になる | トップページ | 心機一転 »

2004/07/25

陣痛って何さ

<<当サイトの 他のページの記事を、blogに再編集しました。ご了承下さい。>>

よく、陣痛を言葉で表現すると?とか言いますよね。
あたしも出産前色んな例えを聞いていたのですが、余りにも現実離れしていて想像がつかない。だから陣痛に対しての恐怖感ってほとんどなかったんだよね。
だって、「産道にジャッキを入れられたような」とか「骨盤をカナヅチで砕かれるような」とか、わっかんないし(笑)。

そして当日。
早朝 5:19、いきなりぱちっと目が覚めた。何か、変。
10分後、がつーんと下腹部に痛み。「来た!」と思うと同時に、「ヤバい、怖い」と思った。これが一発目の陣痛だとしたら、これからどんどん痛みは強くなるわけで、これは耐えられないかもしれないと思ったのです。
言葉で表現するのに適切なモノが思い浮かばないけど、お腹の中の内臓を雑巾のように絞られるような・・・ううう~~~って感じ。痛みで吐き気はするし、陣痛の波が来たら、うずくまるしかない。陣痛の波がひくとちっとも痛くないんだけど。

初産婦だし、病院に連絡するのはギリギリまで待った方がいいと思っていたあたしは、いきなり10分間隔の陣痛がきてたけど、電話せずにベッドでうずくまって時間を記録していた。そうしてるうちに3~6分のまばらな陣痛が。念のため連絡してみるか・・・と陣痛の合間に病院に電話。ここまでで陣痛開始から30分足らず(笑)。
今の状態を話すと、案の定様子を見ましょうということに。もっと規則的に陣痛がきたり、破水したらまた電話下さいと言われた。あたしも、そう言われるだろうと予想してたので、またメモ帳片手にベッドに横になる。嗚呼、まだまだこの苦しみが続くんだろうなぁ・・・もしかしたら吐くかもしれない・・・とうっすら考えながら。
電話を切ってすぐに陣痛は3分間隔になった(笑)。でも、初産婦だからここからが長いに違いない!と思い、やっぱりギリギリまで我慢。何度も相方に「電話したら?」と言われても「い゛や゛、ま゛だ・・・」。しかし、トイレに行くと結構な出血が!嗚呼、しかも吐きそう・・・。
というわけで、病院へ連絡。うずくまりながら着替え、用意しておいた入院&陣痛グッズを手に病院へ向かう。

軽く数回うずくまりつつも、ナースステーションへ。すぐに陣痛室に入る。何か色々処置をされた気がするけど、ここでのことはあまり記憶にない(笑)。覚えているのは既に子宮口が6cm開いていたということと、「結構ツラいでしょ?」と聞かれたけど「わかりません」と答えたことくらい。。。
確かにツラかったけど、あとちょっとだけならイケるとも思っていたのが事実。
陣痛室の滞在時間は15分もなかったと思う(?)。陣痛の合間にLDRに移動。移動しているにも関らず、あたしはまだまだここからが長いんだろうなぁ・・・と考えていた。

LDRに着くと、また更に色々された気がするけど、やっぱりあまり覚えてない(笑)。どんどんいきみたい感覚が出てきて、力の限りテニスボールで肛門を圧迫してもらっていた。笑い話のようだけど、肛門から全てが出てきそうな感覚を我慢するには、テニスボールでがっつり押してもらわないと・・・。

そうこうしてる間に脚を固定され、「もういきんでいいよ」という指示が。「え?もういきんでいいんですか??」 「全開大だからもういきんでいいよ」 「なぬー!!」
『初産婦のお産は1日がかり』と思い込んでいたあたしは、びっくりして聞き返した。たまごクラブには陣痛開始から全開大まで10時間とかかかるって書いてあったよ?
とにかくいきみ逃しはつらかったので、陣痛の波にあわせていきむ。でっかい便秘うんこをふんばる気分。ふんばっても出てこない。助産師さんは「あと2回いきんだら出てくるよ」と言う。あと2回。あと2回・・・。
「いきむの上手ねー」 「今 赤ちゃんは一番狭いところを通ってるからね」 助産師さんは産婦をノせるのがうまい。そう、あたしは褒められると伸びるタイプだ。まだ頑張れる!と思える。

助産師さんが会陰切開について説明を始めるが、もうこっちは聞いてる余裕などなく、「どーでもいいから早く切ってくれ」と思った。ぱちんぱちん と切られている感覚はわかる。
助産師さんが会陰をひっぱって伸ばしているのがわかる。そして肩を出す時、ひっかかったのか痛かったけど、その後は気付いたら産声があがっていた。

すぐに胸のところに赤ちゃんを持ってきてくれた。目にした時、自分は泣くだろうと思っていたけど涙は出なかった。不思議な気持ちでいっぱいだった。
本当にさっきまでお腹の中にいた子だろうか?あたしは本当に子どもを産み落としたのだろうか?
あっという間に済んでしまったお産だったので、苦しい時間もお産を実感する時間もあまりなく、夢の中の出来事のように感じられた。

結局お産は3時間01分で終了。振り返ると、まだ余裕があった気がする。
でも、3時間だから耐えられたんだろう。あれが1日がかりだと思うと、無理だったと思う・・・。

« 切迫早産になる | トップページ | 心機一転 »

妊娠・出産 四方山話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 切迫早産になる | トップページ | 心機一転 »