無料ブログはココログ

« 図書館開放 | トップページ | あんよはじょうず »

2005/05/21

粋な着付

着付教室のカリキュラムも、残すところあとわずか。
先生も、気合を入れてひとつずつ 丁寧に教えてくれます。

帯揚の処理まで終わったところで、みんなの前で自分の着付をチェックされます。
そんなにイヤなことでも怖いことでもなくて、和気藹々とやってるから 自分の着付を直されたり、人の着付を見たりすることがとてもいい勉強になります。
今日のあたいは、何故か帯の〆方が悪くて、後から緩んできてた・・・。
二重太鼓の柄合わせとかしてたら、どんどん腕がだるくなってきて、何だかおかしなことになっちゃったのだ。
先生に「あともう一歩だね」 と言われ、どの辺が一歩なんだかわからないけど、「頑張ります」 とか適当な返事をしてしまった(笑)。

先生は、「着物は御洒落のために着るものだから、野暮ったくならずに アカ抜けした着方をしなくちゃ。」 と言います。
確かに、先生の着付けはピスィっとしてるの。
衿元もきちっと合わさってるし、衣紋も抜けてるし、半幅帯の結び方も御洒落。
でも、どんな装い方がアカ抜けているのか わからないのであります。

4ヶ月のカリキュラムが終わった後、継続して着付を習うことにしました。
カッコ良く着られるように 頑張るぞ!

« 図書館開放 | トップページ | あんよはじょうず »

きものワクワク日記」カテゴリの記事