無料ブログはココログ

« 2006年1月 | トップページ | 2006年3月 »

2006年2月

2006/02/28

ハロー!

何が「ハローワーク」じゃ ヴォケ!

・・・と意味不明に毒づきながら、逝ってきましたハローワーク。
ゆっくり求人見たかったので、ボンズは託児ルーム。
求人検索→求職登録→紹介状もらう だけで、保育料2600円(2時間・昼食付)。
仕事決まる前に、破産しますよ。

ていうか、お金がないと就職活動も出来ない 子持ちの現実!
一生懸命パート雇用で働いても、無認可保育園に半分以上持っていかれるという悲しみ!
パートをせっせと頑張っても、妊娠したら育休もらえずさようなら。

一体、何のために 今働きたいのか つーことなんですよ。実際。
「10年後 何をしていたいか?」
そこしか視野に入れてないんだよね。

あたいには仕事する以外に、資格取得・スッサン というイベントを35歳までに終えたい という気持があるのです。
ていうか、体力的に35歳で限界です。虚弱体質なんで。<既に限界?
逆算すると、今年就職しないとマズいだろ と。
既にニート歴は2年弱・・・社会復帰出来るんでしょうか?

そんなに世の中計算通りにいくわけがないのですが、先のこと考えないと 今を決められない人間なんですわ。
「とりあえず」 ということが出来ないの。不器用だから。

というわけで今は、10年後 どんな自分になっていたいか? を今の自分の行動指針にしています。

話は変わって。
役所に認可保育園申し込み書類を、先にもらっておこうと思って逝きました。
フツーに 待機あって当たり前 みたいに言われて、「おいおい、それは当たり前じゃないんだよ!」 と思っちゃいますた。
仕事決まらないと申し込みできないのに、預け先確保しないと 仕事が決まらない。
へんなのー へんなのー!

2006/02/26

風邪ひいた

風邪を引いたようで、のどが痛いのです。
トローチ舐めまくっていますが、良くなる気配もなく。

だけど、2ヶ月くらいずっと風邪が治らなかった去年。
あれから一度も体調を崩さずにいるということは、奇跡に近いです。
にんにく卵黄の効果かしら・・・?

このまま、ひどくならずに治りますように。

2006/02/25

着付教室

今日は、先生に聞きたいこといっぱい! だったので、やる気マンマンで行きました。

先日、ヤフオクで紬を落とし、袖を通すのが楽しみで!
紬着るの 初めてなもんで。
しかも、色も質感もとっても良くて、汚れも全くなくて、しかも1200円!!(笑)。
いい買物でした。

紬は、やわらかものと違って 直線的な着姿になるので、勝手が違ってうまく着られない。
やわらかものが好きなので、たくさん紬を持つ気はないんだけど、たまにはこういうのもいいもんです。

切らないで簡単にお太鼓が出来る 作り帯のやり方も教えてもらって、撫松庵のつるつるすべる帯の攻略法も教わり、満足して帰ってきました(笑)。

あと、付け下げを2枚持っているのだけど、これに合う袋帯を買おうと思っていて、どんなものが良いかも相談。
黒か茶の 大柄なものがいいかな? と思っていたんだけど、先生のアドバイスは 予想外でした。
ベージュ系の、あまり柄がうるさくないものがいいのでは? ・・・ですってよー。
それなら、いくつになっても どんなきものにも使えるし、飽きが来ない って。
黒の帯だとキツくなるし、洒落着でも使える色だから って。

はー、なるほど。プロの意見は流石です。

今年は、あと3つ結婚式が入ってるので、帯買っても 元取れるわよ・・・(笑)。

2006/02/18

或る母の育児生活

朝、顔の上を横断され、腹の上でジャンプされて起きる。

寝足りねぇ・・・と思いつつ、朝食の支度。
その間 息子は教育テレビを見ながら創作ダンス。
おむつを替えようとするが、捕まえることが出来ないので、とりあえず朝食。
だが、トミカに夢中で呼んでも来ない。
何とか気持をこちらに向かせて、椅子に座らせる。

珈琲を飲みながら、朝刊とチラシをチェック。
息子は既に冷めている朝食を「ちー!(熱い)」 と言い、自分に注目を向けようとする。
少し食べたところで、バナナを要求。泣きわめく。
渋々 バナナをあげる。

息子の着替えとおむつ替え。
呼んでも聞こえないふりの息子。
近寄ってきた隙に、パジャマの腕を抜いて、自分で脱ぐことを促す。
息子は、パジャマを自分で脱ぎ、得意になって脱走。
おむつ姿で 暫し創作ダンス。

風邪を引くから と、追いかけて服を着せ、おむつを替えようとするが、再び脱走。
もはや おむつの吸収体は限界に達し、少し横モレ。
何とかおむつ替えを済ませる。
しかし、直後にウンコをされる。

庭の除雪をするため、息子の身支度をしようとするが、やはり脱走。
しかし、「お外行くから、靴下持っておいで!」 と言うとその気になり、靴下を履かせろ と騒ぐ。
つなぎを着せ、手袋・帽子を付けて、靴を履かせる。
それから小一時間、雪をかく・かく・かく!!!
息子は勿論、雪山に登ったり、少々お手伝いもしたり。

嗚呼、腰がいてぇ・・・とボヤきつつ、昼食の支度。
冷蔵庫にある残り物で、チャーハンを作る。
息子は、最近覚えた「おいしー」 を連発しながら、半分食べ 半分こぼす。

ふたりで「笑っていいとも!」 を見ながらゴロゴロ。
お互いに段々眠くなってくる。
息子は、おっぱいを飲みながら撃沈。
母は、睡魔の誘惑に負けず、この隙に! とネットサーヒン。
しかし、blogを書いている途中で 息子は起きる。
今日も思いっきりネット出来なかった・・・と、母がっかり。

息子、何となく不機嫌なため、「おやつ食べる?」 と聞くと、台所へ走り おやつ要求。
バナナを2本平らげ、猫と追いかけっこをする。

16時、教育テレビを見ながらのんびり。
母は、そろそろ晩御飯作らなきゃなー と思いつつ、夕刊チェック。
息子、母が自分に注目していないことに気付き、絵本を読めと要求。
しかし、その要求を却下され かんしゃくを起こす。
仕方がないので、クルマの絵本を何度も読む。
旦那 早く帰ってきてくれ・・・と疲労を隠せなくなる。

17:30、晩御飯の下ごしらえ完了。
息子、窓の外を見せろ と要求。
15分ほど抱っこで一緒に外を見る。お向かいさんに 怪訝な目で見られる。
腰が痛いので切り上げるが、まだ見ていたい!!! と泣き叫ばれる。軽く放置。

お腹がすいたから、何かよこせ と息子要求。
晩御飯があるので、何とか我慢させる。
父 やっと帰宅。晩御飯を食べる。
息子、今晩のおかずが気に入らない様子。
食べずにデザートを要求。あっさり却下され、泣き叫ぶ。
おとなのスプーンを渡すと、嬉しそうに少し食べる。

父と子のお風呂タイム。
その間、母は腰痛体操をする。
お風呂から上がる準備をするが、息子はなかなか上がりたがらず、攻防の末 強攻手段に出る。やっぱり泣き叫ばれる。
保湿と水分補給、着替えを追いかけながら行う。母、いい加減、疲れてくる。

父、息子の歯みがき。
押さえ込んでするため、この世の終わりのように泣く。
あまりにもひどいので、終わってから褒めてあげる。

21時。長い一日もやっと終わり。
母と息子は就寝。
でも、夜中に何度か起こされる母。

そして、次の朝。
最初に戻る 爆

この話は、ノンフィクションです・・・(笑)。

*****
最近、イライラしてばっかだなぁ。良くないなぁ。
きっとボンズは、反抗期の入り口。
寒いけど、腰も痛いけど、無理してでも 外に出て空気を吸わなければ!

子どもって、本当に親の鏡だと思う。
イライラしたり、ちゃんと関わっていないと、すぐに「ぼくを見て!」 と猛烈アピール。
でも、体調が悪い時・ストレスがたまっている時って、そのアピールがしんどいんだよねぇ。。。

これじゃいけない! と思って、新聞読むのをあとにする・・・ お皿洗うのをあとにする・・・ あなたに時間を取りましょう!と腹をくくると、あとはちゃんとひとりで遊んでいてくれる。

そして、こんな思いをしながら育児をしているのは、あたしだけじゃないのさ。そうなのさ。
みーんな、しんどい!でも頑張ろう! を繰り返して、育児しているんだよね。
あたしも、麦酒をエネルギーにして 頑張ろう!<結局 酒かい!

2006/02/16

憤慨しました

今朝、ボンズと子育てサロンに出かけよう! と張り切って玄関を出たら。
ウンコが傍らにありました・・・。

数日前もされていたのですが、今日もです!同じ場所!!
でも、時間がないので 放置した(笑)。

帰ってくると、まだウンコはそこにありました。<当たり前
何処のどいつだ!! と憤慨しながら、固くなった雪と共にスコップで処理・・・激しくクセー!!
このウンコは凍ってなかったのか!!??超くさい!!
(北海道の冬は、ウンコも凍ります)

ていうか、人間のではないと思われるけれど、犬か猫かもわからん。
人の家の前にしていくとは何事だ!!!ヽ(`Д´)ノ
しかし、我が家では、多分向かいの猫だろう と踏んでいるのだ。
飼い猫なのに、自由に外に出しているので、クルマに足跡をつけられたり(しかも洗車直後)、鳴き叫ぶし、酷いのです。

うちの実家の猫も外に出していたのですが、雄猫はすぐに喧嘩をしてくるので、血だらけになって帰ってきたこともありました。
そして、猫のエイズを患って、苦しんで死にました。
猫のエイズは、HIVと同様に完治出来ないし、猫同士で感染します。
だから、もう飼っている猫を外に出すのはやめよう と決めたのです。

証拠をつかみたいのだが、いつヤっているのやら。
においを消さないとね・・・またされちゃうわ。どうしましょう。

2006/02/15

迷惑電話

ここの所、激しくワン切りの電話が掛かってくる。
厳密に言うと「ワン」切りじゃなくて、数回鳴って切れたり、出たらすぐ切ったりするの。
しかも、それが加入電話にだからタチが悪い。

我が家はナンバーディスプレイなので、番号はわかるんだよね。
「011」だったり、「0120」だったり、んもーわけわからん。
毎回同じ番号じゃないから、いちいち着信拒否すんのもねー。

で、考えてみたんだけど。
ワン切りなんて 今まで全くかかってこなかったのに、どーしていきなり来るようになったのか と。

情報が漏れてるから、かかってくるわけじゃない?
どっから漏れてるのかと・・・。

かかってくるようになってからの、自分の生活を振り返ったら・・・

懸 賞 か ?

という気がしてならない。
今年に入ってから、せっせとはがきとネットで個人情報送りつけてるし(笑)。

保護法なんて、あってないようなもんでしょ?実際。
わかってて出してるってトコもあるんだけどさ。クソ

実際はどーだかわからんけど、そうなんじゃねーか と思いつつ、またはがき書きますたけどね。

2006/02/12

リンクページのおしらせ

リンクページを、リニューアル致しました。
サーバのメモリの関係上(笑)、blogで運用することにしました。

また、コンテンツ管理のため、リンク先も整理致しました。
ご了承下さい。

でも、何となく見にくいですね。
暫く試行錯誤してみますが、カテゴリから入るとわかりやすいかと思います。
宜しくお願い致します。

2006/02/11

「メゾン・ド・ヒミコ」

060211_133500010001 久々に、とてもいい映画を見た と感じました。

映画の感想を書くとなると、非常に難しいし・・・こころの中で湧き起こった感覚を、ことばにするというのは おこがましい気もするのでアレなんだけど。

人間は、誰もが死に向かっている存在です。
その限りある時間の中で、自分と 老いと 死と、どのように向きあっていくか。
大切な仲間や家族と、どのように関わっていくか。

見て損はない映画です。
札幌・蠍座にて、13日まで。

監督:犬童 一心
脚本:渡辺 あや
主演:オダギリジョー・柴咲 コウ・田中 泯

札幌は昼の1時

  丁度 札幌は雪まつり期間中。
この時期は、何処も混んでるし インフルエンザも蔓延しているので、あまり出歩きません。
でも、地下鉄にはつなぎを着たちびっこがいっぱい!
ボンズもすべりだいで遊びたいかな? と思ったけど、この寒空に並ぶ気は起きません(鬼母)。
しかも、1回滑ったら「もう一回~!」 とかせがまれるんでしょ?嗚呼、無理ー。寒いもん 爆

060211_13000001そんな札幌、大通は-4℃(13時)。
寒くて 耳がちぎれるかと思った。

映画を見るついでに、リサイクルきものを物色しようと、チェック出来ずにいたお店を何軒か回ったのです。
今は、リサイクル専門のお店もたくさんありますが、呉服屋がリサイクルも扱う所も多いのです。

狸小路の某呉服屋(笑)。
どんなものを扱っているのかと、屋外のワゴンを漁れども こんなもんか・・・という印象。
そこに、店主が来て「中にもあるので、どうですか?」 とのこと。
見るだけタダなので、気楽に入ったのがいけなかった・・・。

全く買う気がない(ていうか金がない)のに、反物を広げ 超営業される。。。
あたし的には全然好きじゃない柄なのに、「カードで分割払いも出来ますよ」 的な言い方をされたら、もう萎えますわ。

要するに、リサイクルきものは撒き餌なんだろうね(笑)。
こんな営業していたら、本当に客なんて寄って来ないと思うよ。
本当に欲しいと思っても、こんな店じゃ買わない。
適正な価格がついてると思わないし、売って終わり じゃ困るもん。

だから、呉服屋に足を踏み入れないんだと思いますよ。若い人は。

2006/02/08

東京事変

札幌公演、チケット取れたーーーーーーーー!!!
アルバム先行予約、2枚取れたYO!(ノД`)
B席でしたけど。。。(笑)。

前回のライブは逝けず、林檎時代の函館公演以来なので、とても楽しみです!
ちなみに、函館は 有給とって逝きました。
妊娠初期でした。車で中山峠越えました(笑)。

嗚呼、4月まで頑張ろう。
これで頑張れる気がする。

2006/02/04

密着!こども病院24時

このテの番組、スッサンしてからよく見てしまいます。
今日は、旦那が遊びに逝ったので、ボンズとふたりでテレビ見ながら涙しました。

大学での専攻が、障害児福祉だったので、病気や障害を抱えた子どもとお母さんを 少しは知っていますが・・・
子どもを産んで、あたしは その生活の苦しみや切なさや絶望や、希望や将来や人生設計の、ほんの少しの上っ面しか見てこなかったのだなぁ と感じています。
その家族の生活は、自分が接していない時間にも、ずっとずっと続いているんだから。

そして。
男だとか 女だとか、母乳だとか ミルクだとか、歩くのが早かろうが 遅かろうが、言葉が早かろうが 遅かろうが、偏差値が高かろうが 低かろうが、
そんなことは、生きていくのにさほど重要なことではないということ。
心身共に健康で、自分の食い扶持を 自分で何とかしていける力があれば、それ以上望むのは 贅沢というもの。

番組を見て思ったこと。
あたしの臍帯血、捨てられちゃったんだよね。
使って下さい って、申し込みしていたんだけど、連休中にスッサンだったから、取ることが出来なかったの。
でもさぁ、患者には休みもクソもないわけだよね。
もしかしたら、誰かに移植出来たのかもしれない と思うと、残念でなりません。
年中無休に してくれよ。

1歳9ヶ月

日々 怪獣と化しております(笑)。

真似っこも頻繁にするようになって、「ズーズーダンス」 とか足を上げたりしてやってます。「ぐるぐるどかーん」 もね(笑)。
9割は、まだまだ創作ダンスですけれど。

トミカも大好きだけど、ぬいぐるみ遊びも楽しむようになりました。
中でもお気に入りのものが3つあって、それを並べて座らせて 喜んでいます。うまく座らないと、泣いて怒る!
たまに、毛布かけて寝かせたりも。
ボンズなりに、ルールの中で遊びを作り出しているようです。

ずーっと何だかしゃべってはいるけれど、単語は増えません。
今年に入って、「おいしー」「いったーぃ」 がボキャブラリに追加されました。
ちょっと前まで、かなり空耳アワーだったんだけど、日本語に近くなってきました(笑)。
本当に宇宙語は 何言ってんだかわかんないんだよね(笑)。
本人は楽しそうに、もごもご言ってるんだけどさ。
早く会話したいような、まだ宇宙語を楽しみたいような。

ウイルスに負けず、冬を乗り切って欲しいです。

2006/02/01

予防接種 終了!

おたふくの予防接種を打って来ました。
水疱瘡・おたふくの注射って、任意接種なので有料なのです。
病院によって、全然値段が違うのですが、かかりつけの小児科では 水疱瘡が約7000円、おたふくが約5000円。

高いと思いませんか?(笑)。←ケチ?
いやー、あたいは高いと思うよ。
保育園に通わせる予定だから、かかったら仕事休まなきゃいけないでしょ?だから打つことにしたんだけど・・・。
どうしようか躊躇う価格なので(笑)、少しでも安い病院を ネットの力で探し出しました!!

というわけで、全然近くもなく ゆかりもない大きい病院へ・・・。
医師もスタッフも本当に感じが良かったし、3000円弱で打てたし、大満足。
でも、遠いから 今後御世話になることもないと思う・・・(苦笑)。

問診の時、あまりにもボンズが拒否したので、「特殊に元気だなぁ」 と言われますた。
やっぱり、専門家から見てもそうですか。
うすうす 感づいてはいたのですが。

東急の屋上で、缶珈琲飲みながらボンズを放牧したのですが・・・。
またもや4・5歳くらいの女の子たちがいたんだけど、奇声をあげながら一緒に遊んでいるつもりになっていました。
自分が出来ないことを、全て出来るから 楽しいんだろうねぇ。
でも、あの姿を見て、本当にこの子は怪獣だ・・・ と思いますた 爆

予防接種の時間までに余裕があったので、ステラプレイスと東急で子ども服のバーゲンを見てきました。
コムサイズムの子ども服は、大抵ロゴが入っててイヤなのですが(笑)、今回はシンプルなボーダーの長袖Tシャツが500円代で売っていたので、色違いで2枚購入。長く使えそうです。
東急は、たくさん子ども服ブランドが入っていて目移りするんだけど、大好きなのは「HAKKA」。
さりげない御洒落さん って感じで好きなのです。
しかも、ここの店員さんは 年に2回くらいしか訪れないあたいらを、ちゃんと覚えていてくれるのです。感激。。。
いつもは高くて買えないけれど、今日は2枚購入。頂いた商品券で支払い(笑)。←デパートじゃないと使えない

子ども服といえば、昔 初対面のママに「何処のブランドがお気に入りですか?」 と聞かれたことが・・・。
「ユニクロと西松屋です」 と答えたら、ドン引きされますた。

« 2006年1月 | トップページ | 2006年3月 »