無料ブログはココログ

« 2006年2月 | トップページ | 2006年4月 »

2006年3月

2006/03/28

働くって何だ!

久々の日記で、今更こんなこと言っても・・・って感じなんですけど(笑)。
あまりの労働条件の悪さに、少々げんなりしております。

時給安いのは 承知の上だったんだけどさ。
毎日必ず残業があるのに、シフト通りの時間数しかお給料は出ない。←自分の仕事が残ってる・・・のではなく、業務として居なければいけない状態
社会保険は仕方ないけど、雇用保険もないー!!←収入少ないから 当然といえば当然?でもさ、辞めても失業保険が出ないってことなわけで・・・(冷汗
更に、交通費が出ない!!??(確認中)

ボーナス・育児休暇・福利厚生 って何!!??
パート雇用には、そんな恩恵ありません。
どんなに真面目に働いたって、せいぜい時給が10円上がるくらい。

もう、自分が「労働者」 だと考えるのを止めました。
だって、あまりにも切なすぎるし やる気なくす。

毎日のように駄目出しされて、ボンズにはグズられて、貰えるお金は少なくって。
帰りのバスの中、本気で「何のために働いているんだろう」 って考えます。
同じ時給なら、もっと楽して稼ぐ方法なんて いっぱいあると思う。

だけど、あたしは専業主婦に戻ろうとは思わない。
今辞めても、何のメリットもないから。

「やっぱり雇わなければ良かった」 なんて死んでも思われたくない。
仕事を辞めることで、自分が「楽な方に逃げた」 と思いたくない。
ボンズなりに葛藤している状態を、何とか乗り越えさせてあげたい。
そして何より、「なりたい自分」 に向かっている途中だから。駄目出しされて 大きくなるのよ・・・と自分に言い聞かせてる(笑)。

とにかく、プライドの高い人間なのです。
でも、毎日胃はおかしいけど(苦笑

とりあえず、来年の3月31日までは頑張ります。
その後は、いい話があったら 食い付くし(笑)、なければもう一年!

でも、精神科の通院歴アリ のあたくしとしては、もうボーナスもらう生活は出来ないだろうなぁ。
今のスタイルでも結構つらいもんなぁ。

それはちょっと悔しいけど、背伸びしないでいられる自分を保つには、何かしらの妥協は必要ですね。

明日も、栄養ドリンク飲んで頑張ろう!

2006/03/25

涙の特訓。

この世に生を受けて、28年11ヶ月・・・。
今日、絶対に一生やることはないだろう と思っていたことを体験しますた。

それは 「スケート」。

あたい、スケートって靴を履いたことすらなかったんですよ。
小学校~高校の授業では、スキーしかやらないし、雪が多い地方出身なので スケートってあまり馴染みがなくて。
運動も、元々好きな方じゃないので、今更スケートする気もなかったんですけどね。

仕事でね、スケートやらなきゃいけなくなったんですよね。。。鬱
職場では、あたしが経験がないと知って 配置を配慮してくれたんだけど、ずっとそんなわけにもいかず・・・根性で練習しに逝きました。
仕事のためなら、ダイキライなウインタースポーツも練習してやるさ!!(笑)。

結果は・・・1時間半練習して、壁から手を離して滑ることは出来るようになりましたが、滑りながら仕事をする余裕はナシ(苦笑
レジャーで来てるなら、これくらいで十分でしょうが・・・。
でもまぁ、何とかなりそうな感じです。やれば出来る子です(笑)。

スケート場は、くるくる回ってる子や あたいのようにバンビ状態の子でいっぱいでした(笑)。
まるでイモの子を洗うよう・・・。。。
とっさに避けることなんて 出来ませんから~!!
ボンズが大きくなったら、家族でスケートしても楽しいかも。
その頃には、あたいも上達していることでしょう!!

嗚呼、それにしてもスケート場があんなに寒いとは・・・。
もっと厚着していかなければ。

2006/03/23

認可保育園 決まりました。

060323_22470001 昨日、待ちきれずに出勤前 役所に電話を掛けました。
4月1日から認可保育園入所決定。
本当にハラハラしたわ。。。
これで、少ないお給料が少しは有効に使えます。

でも、折角慣れて 良くしてもらっている今の無認可保育園には、とっても感謝しているし、申し訳ない気持もいっぱい。
今の職場では育児休暇が取れないので、今後またお世話になることもあるのだろうけど・・・。
ボンズも、何だかんだで家では落ち着かないし、週末には微熱が出たり、転園するのは可愛そうに思っているのですが。

これから小児科で健康診断受けたり、説明会に逝かなければなりません。
でも、来週から仕事がバタバタと落ち着かなくなります。有休もまだないし。
それなのに、アタマに入れるべき全ての子どもの特徴や注意点・ボランティアさんの名前とか、全然入ってなくて、ピンチです。
直接関わった子ども以外、覚えらんねーよー(涙
そして、あたしなりに考えて動いているのだけれど、それがピントが合ってないようで、駄目出しの連続・・・。。。
何か ダメポでつ。

でも、頑張るって決めたから!安月給でも!!爆

2006/03/20

独り反省会。

帰り際 スタッフに駄目出しをされ、凹んで帰ってきました。。。
全然駄目だと気付かなかったのー。
しかも、駄目に駄目を重ねるという完全なる駄目っぷり。

家に帰り、手帳に反省点を書いて、何がいけなかったのか考えてみた。
ただ「確認」 すれば良かっただけのことなんだけど、その時に「確認しよう」 ということすら思い浮かばなかった・・・。

でもね、その場で その日の内に 駄目出ししてくれたことに感謝しなければ。
常に気に掛けてもらっているという証拠だし、その分駄目出しの数は増えるだろうけど、そうしなければ良い関わりを持つことは難しくなるから。

以前、教員をしていた頃は、ぽいっと現場に放り出され、フォローの体制がなくて、誰も駄目出ししてれくれなかった。
自分から、ここはどうなんだろう? って質問する事柄は、自分でも「これはいけない」 と気付いている部分で、気付いていない部分を指摘されることはなかった。
今日も、他にマズかったところがあったんだけど、それはあたし自身「マズかった!」 と反省した部分だったためか、触れられなかった。

まるで、働いているというより 実習しているようです。

嗚呼、これからたくさん凹むんだろうなー(笑)。
超凹みやすいあたし・・・。。。
でも、ただでは起きないぞ。

2006/03/18

手帳を買いに逝く。

金曜日の夕方、少し熱を出したボンズでしたが、土曜の朝には元気に走り回っていたので、ちょっと遅めに保育園に逝って頂きますた(笑)。
その隙に、ハンズへ手帳を買いに逝きました。

やっぱり、デキるヲンナは手帳くらい持ってないと・・・!
んもう、あたいは形から入る人間。
見かけよければ全てヨシ なのです。
しかし、機能性も超大事。
そんなあたいにうってつけの手帳を探しに逝きました。

しかし・・・!
デザインも使い勝手もよさげな手帳って、この世には存在しないのでしょうか。
表紙が可愛い手帳は、その日の予定しか書けなさそうで、機能性抜群の手帳は、おっさんが持ってそうな愛想も色気もない表紙なのです。

早く仕事や子どもの様子を覚えるために、その日あったこと・反省したこと・次はこうしてみよう とか、そういうことを手帳に記録していこうと思っているのです。
更に、その日の予定も書き込まないといけない。
そうすると、こんな手帳が理想なのです。↓
・一日の分量が大きい。
・予定を書くところと、フリーの記載欄が分かれている。
・1ヶ月毎のカレンダー式記載欄がついている。
・表紙が御洒落。
・出来れば 4月開始の手帳。
・システム手帳は駄目。綴じてあるやつが宜しい。

それが ないんだわ!
どれを見ても微妙に違う。
広告で「手帳は高橋」 っていうから見てみたけど、あのおっさん臭がする表紙は どーしても受け付けなかった・・・。。。中身はすごーく良かったのだけど。

1時間迷った挙句、「Quo Vadis」 のCLASSIC・VARIATION ABP1の赤にしました・・・。超妥協。

これね、「記録する」 という作業には超良いと思ったんですよ。
しかしね、全く日本人向けに作られていないのです(仏蘭西製)。
日本語での思考しか出来ないあたいには、ちょっと使い勝手が悪い。
「何月何日何曜日」「今日は何の日 フッフー♪」 がわっかりにくい!
6ヶ国語で月と曜日の記載があるのですが・・・読みにくいのなんの。
あと、月の一覧で書き込むページがないので、「今月何があるか」 がぱっとわからないんですよね。
更に、しおりになるヒモがなく、ページの端っこを切り取っていく方式なので、マンドクサイ。ペンを刺す所もない。

そう考えると、中身は「手帳は高橋」 がすっごくドメスティックでいいです(爆

いっそのこと、自分で作るしかないのか? と思ったのですが・・・(笑)。
100冊くらい作って、売ったらいいんじゃねーか!? とか、口コミで広がり、1万冊の売上! とかになったりして!? などと妄想してみました(爆

2006/03/17

一週間終了・・・

嗚呼、やっと一週間が終わりますた・・・。
久々に勤め人生活をすると、ぐーたらしていた分 しんどいです(笑)。

この一週間、とにかく色んなことをしました。
運転手もするし、勉強も教えるし、雪遊びもするし、工作もするし。
そしてどのスタッフからも聞かれる質問は、「mayuさん、スキーは得意?」
スキーやら スケートやら プールやら、色々やるのです・・・(苦笑
あと、どんな車でも運転できて、車庫入れ出来ないと勤まらないようです(笑)。

この職場に来てから、今までやらなくて済んできたこと・やらないようにしていたこと の多くを仕事の一環としてやらなくてはいけなくなりました。
「やりたくねぇなぁ」 って意味ではなく・・・スポーツとか苦手なんですよ(苦笑
実際、雪遊びでも 子どもの動きについていけてないの。
公園の遊具を、子どものスピードでついていくのって至難の業。
だけど、絶対ついていかないといけない。危険だから。
あたしが靴を脱いでいる瞬間、子どもは次の行動に出ていて、本当に自分のトロさに悔しくなります。致命的ー。

それから、常に指示されないと動けないのも悔しいね。
何かをしていても、これでいいのかな? って不安になり。
みんな忙しそうにしていても、自分はわからないことだらけだから、いちいち聞かないと動けない。
当たり前のことなんだけど、悔しい。

春休みは、職場もイベント続きになります。
「mayuさん、それまでに子どもの様子を大体把握してね。」 と言われ・・・えーと、何十人いるんでしょうか?爆
毎日、接した子どもの名前と様子と、自分の対応とか反省とか、そういうのを自分で記録してるんだけど、追いつかないかもー!!

でも、みんな親切に 気に掛けてくれて教えてくれます。
ちょっと、頑張れそうな気がします。

今週に入って、ボンズの保育園での預かり時間も長くなりました。
そのせいか、帰って来てからものすごくグズり、おっぱいから離れなかったり、夜泣きしたりしていました。
保育園では、元気に遊んで 御飯食べて 昼寝してるようなんだけどね。
日に日に良くなっているけれど、ボンズはボンズなりに頑張っているようです。
毎週末、発熱してるんだけどね(苦笑

そして、旦那も毎日保育園の送り迎えをしてくれて、本当に感謝です。
まぁ、イヤだとも思ってないと思うんだけど(笑)、協力してくれるからこそ 仕事に集中できるってもんですから。

きっと、何でそんな思いして 仕事をするの? って思う人もいると思う。
あたしは、そう思う人にわかってもらおうとは思っていない。
鬱になった時も痛感したのだけれど、わからない人には どんなに説明をしてもわかってもらえないのだ。

あたしの思いに共感してくれた人、応援してくれた人、仕事が決まったことを喜んでくれた人。
その人たちだけがわかってくれればいいんだ って開き直ってます。
「仕事が決まった」 って言って、残念そうにしてた知人もいるからね(唾

だから、無駄な努力はしない。
時間も労力も、大事なものにだけ使うことに決めたのです(笑)。

2006/03/15

オヤクショシゴト

某サイトで、札幌市の認可保育園の入所できます書類 が届く頃・・・と聞いたので、役所に電話掛けてみますた。

役所「入所できる方には、今週中に通知が逝きます。逝かなければ、待機ということです。」
毒舌貧乏姫「ていうか、それって今わからないんですか?」
役「・・・お名前は?」
毒「○○です。」
役「えーーーーと・・・あれ?いつ申し込みされました?」
毒「3月1日です。」
役「あー、2月いっぱいに書類出してくれないと、今週中には通知できないです。今月末に定例の会議があるので、それまで審査は出来ません。」
毒「4月1日希望じゃなくて、すぐ入りたいと申し込んだのですが?それまで審査はできないのですか?」
役「月1の会議に掛かります。一斉入所で空いた枠に入ることになるので、入れる可能性はかなり薄くなります。」←あっさり斬り捨て

キタ━━━━━(;゚ロ゚)━━━━━!!
だからあたい、仕事決まる前に 役所に問い合わせたのに!!

〆切までに仕事が決まらなくて、書類が出せなかったらどうなるのですか? ってあらかじめ聞いておいたんだよ。
そしたら、〆切はあってないようなもので、間に合っても空きがなければ入れないし、間にあわなくても空いてたら入れます。 って言われたから、そうなんだー と安心しきっていたのに。
確かに、空いてなければ入れない という状況になるけど、〆切に間に合わなければ、同じ土俵で審査されないということじゃないか!!入所決定の通知も、遅くなるわけだし!
聞いたニュアンスが、全然違うんじゃねーの?
既に勤務しているのに、あたいの書類は数週間放置でつ。どーなってるんでつか。

認可に入れないと、あたいのお給料、手元に2萬とかしか残らないんだよ・・・(汗
GW・盆正月は、もっとお給料が下がるし。
それなのに、あっさりと平然と「待機ですね」 とか言えちゃうのって、どーいう神経してんのかね?
役所的には、待機児童がわんさかいる状況は日常だし、こんな問い合わせは慣れっこなんでしょう。
そんな状況の中、パートで仕事なんて、わかってて申し込んでるんでしょ? とでも言いたいのかしら。

最後の頼みは、保育園の「多分大丈夫でしょう」 の言葉・・・。
(詳しくは此方

何とか入れますように・・・!!

2006/03/11

「浮世絵美人画の魅力」

当サイトのNEWSページでもご紹介していましたが、北海道近代美術館で開催中の特別展を見てきました。
今まで浮世絵といえば、テレビとかで見たことしかなかったけれど、ナマで見る機会があって本当に良かったです。

流石 近代美術館、作品の説明や浮世絵の見方など・・・とっても勉強になりました。
本当に知識がなかったので、目からウロコ・・・。
あれは一枚一枚 画家が書いたものじゃなく、版画なんですよねぇ。<当たり前?あたいは知らなかった(汗
色んな職人の手を経て、検閲を受けて世に出るのだそうです。

今回は、「美人画」というテーマだったので、描かれているものは勿論女性。
庶民の女性も描かれるけれど、主に芸妓さんや遊女がモデルになっています。
遊郭やお茶屋さんが町にある時代・・・
作品自体よりも、その描かれた風俗や文化に思いを巡らせました。
どんな生き方をした女性なのか・・・どんな時代だったのかと。

江戸時代、もっと鮮やかな色をしていたのでしょうね。
照明が落とされた美術館で、江戸文化に興味を覚えました。

2006/03/10

慣らし保育終了

5日間の慣らし保育が終了しますた。
最初の2日間は、2時間。
その次の2日間は、お昼御飯を食べて。
最後の1日で、お昼寝しておやつ食べて。
今日が最後の1日でした。

御陰様でうちのボンズ、すっかり慣れたようです(早)。
2日目までは朝ついていったのですが、3日目からは旦那と登園。
4日目の昨日は、怪訝そうな顔をしながらも泣かないで登園できたんだってー!
まぐれ? とか思ってたんだけど、今朝もしがみついたけど泣かなかったって。偉いなぁ。

あたし的に、山場はお昼寝だと思っていたの。
いつも おっぱい&抱っこで寝かしつけだったので、こりゃ暫く掛かるだろう・・・と。
しかし、今日はふとんでお昼寝も出来たらしい。奇跡だ!(笑)。

迎えに行っても、すぐに帰ろうとしないしね(笑)。
何か、楽しいみたいだよ。相当可愛がってもらってんのね(爆

慣れるまでの時間って、性格とかタイミングって絶対あると思うけど、うちの場合は 丁度ボンズの「お友達大好き」 っていう気持の高まりとマッチした時期だったから、早かったのかな と思っています。
性格も、かなり積極的で好奇心も強いから、入りやすかったとも思うんだけど。

「預けて仕事なんて、かわいそう」 とか言われちゃうけど、ボンズの姿を見たら、本当にこの選択で良かった! と胸を張って言えます。
ちっともうちの子はかわいそうなんかじゃないよ。
とっても幸せそうに、お友達や先生と遊んでいるよ。

以前、尊敬する人に言われたことがある。
「子どもを預けてまで仕事をするんだから、好きな仕事をしなきゃ駄目。」 って。
激しく共感したんだよね。
イヤイヤ仕事をしたって、しんどくなるだけで、輝いた姿を子どもに見せることが出来ないから。

この一週間、あたいも準備しなくちゃ・・・とペース作りや勉強をしようとしたけど、体調崩しちゃって駄目!
やっぱり虚弱体質を何とかしないといけませんなぁ。。。

ちなみに、今晩はボンズが発熱・・・ギャース

月曜から勤務です。
のんびり、自分らしく。

2006/03/04

1歳10ヶ月

身長:79cm、体重:10.6kg。
なかなか増えませんなー。
服がいつまでも小さくならずに着られるのは、有難いんだけどね(笑)。

今月から2歳に掛けては、あわただしい日々が続きそうです。
今の保育園に慣れたとしても、認可が決まれば転園するし、あたしも仕事に慣れないといけないし。
でも、頑張って乗り越えていこう!!

家族みんな、体調を崩さず 元気で過ごせますように。

無認可 決めてきた。

嗚呼、本気で間にあわねー! と思い、ネットでせっせと口コミ情報検索して、今日見学に行きました。
自宅からバスで20分。旦那とあたいの通勤途中にある保育園です。

ぼろっちぃ一軒家でやってる所なんだけど、入会金もタダだし、給食は手作りだというし、保育料にコミコミ価格なので、まぁいいか・・・という感じ。
他は、保育料は安くても、給食費や諸費用を入れたら 結構な値段になってしまう所が多くてねぇ。
保育士さんの対応も良かったけれど、本気であたいの給料持っていかれちゃうので、認可が決まったら転園します。。。

というわけで、いよいよ月曜日から慣らし保育です!!!
嗚呼 緊張。嗚呼 不安。
最初はどの子も泣き喚く というのもわかっているし、それが一時的だというのもわかっているけれど、やっぱり不安なものです。
だけど頑張るって決めたから、ボンズと一緒に乗り越えていくぞ!

実は、ここを見学する前に問い合わせた所がありました。
自宅から歩いていける所だったんだけど、うっかり「多分4月から認可に移れるので、それまでの間になると思う」 と言ってしまったのだ。。。
そしたら「慣れた頃に移るのは子どもがかわいそう!他所ならいくらでも預かってくれるから、うちじゃない所へ行って下さい」 と断られてしまいました。

深読みしすぎかもだけど、かわいそうだから じゃなくて、儲からないからでしょ? とか思っちゃった。
入りたてが一番手が掛かって大変なのに、移ること前提じゃ 割に合わない と。

あたしだって、出来ることなら一箇所の方がいいと思ってるさ!
だったら そんだけの給料くれる仕事くれよ!! とか逆ギレしてみるZE!!
子どもを一番に考えてあげたくても、そう出来ないことってあるじゃない?
お金だって、時間だって、有限なのだ。

ま、いいや。前向きに逝こう!!
じゃないとやってられん(笑)。

2006/03/02

認可保育園 待機状況

この際だから、逐一状況をうpしていきますよ(笑)。<しつこい?
これから保育園探す方は、参考にしちゃって下さい。

役所の窓口じゃ、細かい情報持ってないだろう と踏んで、第一希望の認可保育園に電話しました。
どれくらい待機児童がいて、いつくらいに入れそうなのか を聞くため。
とーっても親切に教えてくれました!(ノД`)

4月入園は 高い確率で大丈夫なようです。
大丈夫なようにしてくれると言ってくれました。
万が一 入れなくなったら、連絡くれるそうです。

そして、4月前にも入れてあげたいけれど、1歳児はどーにもこーにも余裕がなく、一時保育も無理だそうです。

ということは、1ヶ月間 預け先を確保すればいいわけだ。

場所と値段と保育の質と。
この兼ね合いが難しい・・・けど、早く決めなければいけないのです。

でも、目途がついた。
助けられてる って感じがするわぁ~。

同情するなら 保育園をくれ

実は、昨日面接→即決→その場で就業証明書いてもらう という状態でした(爆笑)。
志望動機すらも聞かれませんでした。ラフだなぁ。

そしてその足で旦那の職場に行き、就業証明をもらって、家に帰って源泉徴収票をひっつかみ、役所へ逝ったわけです。
ホント、一日も早く保育園決まらないと困るから!(再来週には勤務だと思われ)

それはもうあっさりと、「いつ入れるかわかりません」「1歳2歳は希望が多いので」 と言われちゃいますた。

わかってはいたものの、家から行ける範囲の無認可保育園も限りがあり・・・。。。選べないんですYO!
旦那の職場に近い無認可は、一時保育でよく利用していましたが、とにかくお高い!!

というわけで、近所の幼稚園に併設されている保育園(無認可)を見学・・・。
幼稚園にくっついてる所なら安心だし、歩いて行けるし! と思ったんだけど。
資料をもらったら、入園料が\50000!!!!!
保育料(月額)\30000。これは認可並。
その他、お弁当作って持たせて、暖房費・施設費・延長保育料金(17:30以降)を取られるようです。。。信じられない!

これでは、給料のほとんどを保育園に持っていかれるどころか、赤字でつ!

まぁ、ずっとここに預けて、ゆくゆくは幼稚園に自動的に入れたい親にとってはいいと思います。
でもね・・・あたいは認可が決まるまでの預け先で・・・5萬はないよ。

見学の帰り道、その幼稚園に子どもを通わせてるお母さんに、「こんな小さいのにかわいそうねー。私が預かってあげたいくらい!」 と言われてしまったわ。
可哀想なのは、激安月給なのに認可も決まらず、貯金も出来ないかもしれない あたいでつ!!
なんなら本当に預かってくれよ(泣笑)!4萬までなら出すぜ。

ていうか、いい加減言われ慣れて ムカつくことはないけどさ。
その「可哀想」発言が、あたいの生き方を否定してることに気付いて下さいYO!
ボンズの教育に悪いから、可哀想って言うのやめて欲しいわ。
21世紀に突入してるんだからさー、前近代的な価値観を 人に押し付けるのはやめてくれ。

やっべー。今週中に決めないと、仕事逝けねー!!!

2006/03/01

御報告

仕事決まりますた。

これからする仕事は「児童指導員」。
どんなことをするかというと、障害を持った子ども達とわっさり遊びます(笑)。公園行ったり、プール行ったり、遠足行ったり。
障害を持っている子達は、学校以外の居場所が少ないのです。
休日・長期休暇となると、外出することもなくなってしまいます。
新しい勤務先は、そういう子達の受け皿になっています。

こういうと、「すごい仕事をするんだなぁ・・・」 と思われる方もいるかもしれませんが、「汗と泥にまみれ、子どもを追い掛け回す」 というのが主な仕事になるでしょう・・・(笑)。

本当にね、やっとやっとスタートラインに立てた!! という気持なのです。
これから、ながーい道のりをエンヤコラ。
本当は、もっと近道があっただろうけど、自分が迷って選んで来た道は、ちょっと遠回りだったような気がする。
いっぱいつらい思いも 悔しい思いもしたし、他人がどれだけいじわるで冷たいか ということも思い知りました。
でも、報告したい人がたーくさんいるという、本当に嬉しい環境に身を置いてもいるのです。

これから先、本気で仕事を辞めようか 迷うこともあると思うのです。
その時に、今日の日記を読み返します。

そうそう、新しい職場ですが、いくつかネックが・・・苦笑
まず、給料が激安!!!まじで安すぎる。
あとは、パート雇用なんで、第2子スッサンの時は退職・・・かなぁ。
暫く腰を据えて取り組んでから、先のことも考えないといけない感じです。ウプ

個人的にお世話になった方には、また改めて御連絡させて頂きます!
ちょっと今は保育園探しでバタバタしてるので・・・ごめんなさい!

« 2006年2月 | トップページ | 2006年4月 »