無料ブログはココログ

« 2006年3月 | トップページ | 2006年5月 »

2006年4月

2006/04/29

子育て支援総合センター

今日は、久々に子育て支援総合センターでボンズと遊ぶ。
そこにクソ生意気な4歳児集団がいました。
あたしが目を離した隙に、そこに近づいていったボンズに何かしたり、おもちゃをぶんどったりしていたので、目をつけていますた(笑)。
その集団は、本当にロクな遊びをしてなくて、ボンズが真似してまじで困る。
通路で大型のおもちゃを転がして遊んでいたので、ムカついて「壊れるからあっち持っていって!」 と叱ってやりますた。
その後も、赤ちゃん部屋のボールプールのボールを、どんどん別の場所に運び出したので、それも「赤ちゃんが遊べなくなるよ!」 と叱ってやりますた(爆

そういう子どもの母親は、決まってママ同士でぺちゃくちゃ くっだらねーおしゃべりを展開してるわけです。
子どもが何をしていても、全くお構いなしなわけです。
んで、帰る時間になって初めて言うこと聞かない子どもに対して「早くしなさい!」「片付けなさい!」「いい加減にしなさい!」 と怒るわけです。
全く意味不明です。

あんたの子どもは今まで何をして遊んでたか知ってるの? と喉まで出かかりましたが、そういうママと関わりたくないので言えませんでした(苦笑

うちのボンズ・・・赤ちゃんとは遊べないし、大きな子と遊ぶのもまだ難しく、微妙なお年頃です。

2006/04/28

美味しいお店と 素敵な時間

久々に、幼馴染とお酒を飲んで来ました。
彼女とは、小学生からの付き合い。
賢くて やさしくて、本当に尊敬できる友達です。
彼女に仕事の愚痴を聞いてもらいたくて、あたしは甘いの? ってことを聞きたくて、一緒にお酒を飲みました(笑)。

彼女は頭も良くて、仕事も頑張ってきた経歴もあるので、きっとあたしが「正しい」 と思えることを言ってくれます。
いや、彼女の言うことには「正しい」 と納得できるモノがあるのでしょう。

そんな彼女は 元ナース。
「死にそうな患者さんと、大部屋の患者さんだったら、同じひとりでも大変度が違うよねー」 と激しく納得できちゃった例え話を有難う。

勿論、仕事の話だけじゃなく、旦那の話やら育児の話やら・・・。
とっても素敵な雰囲気のお店で、楽しい時間を過ごしました。
鮪のカマも美味しかったし、焼酎で仕込んだ梅酒も最高でした。
カウンターに座れたのも良かったし(カウンター好き)、お店の心配りも気持良かった。
また行きたいと思うお店でした。

でも、帰りは節約してバスで帰りました(笑)。

ま、今日の結論としては・・・
『仕事は頑張り過ぎない。』
『あいつ、アスペルガーなんじゃね?』

専門職同士の会話でした・・・。

2006/04/26

病は気から

月曜・火曜と、あまりのダルさとやる気のなさに、「やべぇ!このままだと鬱になる!!」 と危機感を募らせたあたい。
どうすれば鬱にならずにいられるか? の実践をしなければいけないな と思ったわけです。

そこで、少し「こころを開く」努力をしようかと。

普段の自分は、どちらかというと自己開示する方なのですが、職場の人間関係となると話は別。
そこの雰囲気如何によって、自分の態度を決めてしまいます。
というのは、フレンドリーな職場だと 気兼ねなく自分の意見を言って 自然にコミュニケーションをとることが出来ます。
けれど、そうじゃなければ・・・極端に言うと「誰が 敵か味方か」 と人間を分類して、積極的にコミュニケーションをとらず、常に一歩引いたところに居るような感じ。
往々にして、こういう職場には、誰も味方はいないんですけどね(苦笑

だけど、ずっとこんなスタンスでは「抑うつさん、ウエルカム!」 になってしまうわけです。
元気な内に、自分のメンタルヘルスを保つ努力をしなくては。

そういうわけで、業務後の反省会で 今思っていることの数%を言ってみた。
良かれと思ってやってることが上手くいかなくて、言葉に出来ない不安と焦りがある ということを。
(流石に、この職場に適応できません。辞めたいです。 とは言わなかった 爆)
個別の反省会だったので、少し助言を頂きました。

とはいえ、職場の体質が変わるわけでもなく、あたしなりに思うところもあるので、多分長く居ることはないでしょう。
雇用保険がつくことになったようなので、失業保険もらえるようになったら 本気で転職を考えます。
仕事自体は、好きなんだけれど ね。

そうそう、この職場に来てから 毎日身体を動かすので2kgやせました。まだ減りそうだ。。。

2006/04/22

トイレトレーニング!?

  いきなりボンズが、トイレに興味を持ち始めました。

朝 あたしがトイレで用を足していると、ドアをどんどん叩き 中に入れろ と言う。
ドアを開けてあげると、興味津々で中に入り、個室の中を観察・・・。
「お母さんは、ここでちっちするんだよ。」 と言うと、おむつを押さえて「ち!」 と言うじゃないの。
真似事だけでも・・・と、おむつを下げて 便器の上に座らせてみたけど、出るわけもなく。
「大きくなったら こうやってするんだよー」 と言いつつズボンを履かせたら、またおむつを下げようとする。

その後も、何度もトイレについてきたがり、中に入れろと言う。
仕方ないので、個室に入れて そのまま用を足す。。。(笑)。
ついでにボンズを便座に座らせると、トイレットペーパーをガラガラ出し始めました。
一連の流れはつかんだようです(笑)。

本格的にトイレトレーニングを始めるのは、もう少し先じゃないと無理だと思っているのです。まだおしっこの間隔が空いてないようだし。
だけど、トイレ自体に興味を持つことは大変いいこと!
まぁ、トイレに興味を持っている というよりも、「母さんたちは、この部屋で何をしているんだろう???」 という疑問が強いのかな? と踏んでいるのですが。
ウォシュレットのスイッチも楽しそうだし、水も流れるし、紙もガラガラ出てくるし。
ボンズにとって、トイレは面白いものがいっぱいある部屋なのです。多分。

トイレトレーニングはかなり先の話だと思っていたあたい。
はっきり言って、おまるも何
も用意していません。
チャンスを逃すのもアレなので、補助便座くらいは早目に買おうかしら。。。
当分おむつでいいよ・・・ とか呑気に構えていたので、ちょっとびっくりしています。


060422_12300001_1画像は、今日飾った五月人形。
旦那が小さい時に飾っていたものを、実家から頂きました。
結構デカくてびっくりです。

2006/04/21

職場内緩和政策

4月14日の日記にも ちらりと書いたのですが、職場では緩和政策が取られた模様・・・。
というのもですね、勤務時間内に反省会を開かれ、しかも個別に上司と行うという方式に変わったのです。
今までのように、勤務時間外に流れで集中砲火を浴びる・・・ということがなくなったのです(苦笑
よっぽどこの日の落ち込みっぷりが 職場内に不安をもたらしたのでしょうか?(笑)。辞められるのではないか!? なんて。←実際 やってけない! と思ったけど。
併せて、若手が新人を育てる力を養わないと・・・とも思ったのでしょうね。あのままだと、中間層が頼りないままでしょうから。

個人的に、組織としてきちんと機能していないと思っているんですよ うちの職場。
それとも、小さい職場って みんなそんなもん?
誰がどういう役職で働いてるか 全然説明されないし(見てるだけじゃわからないの)、知らない内に職員増えてるし・・・しかもその職員も、暫定なのか正式に雇ったのか訳わからん。
それとも、パートのあたしは子ども見る仕事だけきっちしやればいいってことなのかしら?

シャチョー(仮名)も、時々 最強に感じ悪いことを言い放ちます。
やっぱりやってけねーよ! と何度思ったか(笑)。
毎日ネットで求人を見るけれど、転職してもそこが「良い職場」 という保証は何処にもないので、とりあえず 毎日を必死にこなすのみです。

相変わらず 求められるレベルは高く、あたしのスキルは低いので、この職場に居る意味がないんじゃないか と思っています。
あたしは、「新人だから、出来なくても仕方ないよね!」 と完璧主義傾向アリの自分を慰めるのですが、今の職場は それは許されないっぽいです。その日その日で指摘されたことをクリアしていかなければいけないようです。

でも、今は我慢。
もう少しだけ まともに仕事が出来るようになるまで、辞めるのは我慢!!

保育園生活

保育園の送り迎えは、今のところ旦那がしてくれています。<車で通勤しているのは 旦那だから
なので、あたしは滅多に保育園に行けません。担任の先生ともお話できません。
そのために連絡ノートがあるのですが、先生もあたしも 忙しい中での記入なので、細かいことまでは伝えきれないものです。

そんな中、トラブルがいくつか起こりました。
ひとつは、他の子どもに噛まれ、ボンズの腕に歯形がくっきり・・・。
保育士さんが、丁寧に消毒してガーゼを当ててくれました。

もうひとつは、前日の夕方に微熱を出したので、登園時に「今日は外遊びは遠慮します」 と伝えたのに、担任の保育士に伝わっておらず、外遊びを楽しくして来てしまったこと。

あたし的には、噛まれることはお互い様なところがあるし、連絡ミスも 人間だから仕方ないと思っています。
でも、「親としてこう思っています」 と、連絡ノートに書きました。

噛まれたことについては、本人はひきずる性格ではないし、ばんそうこうなどを貼ると余計気にするといけないので、この後は 消毒などはしなくて良いこと。
もし痛いなど気にするようなら、楽しく遊べるような声掛けをして欲しいこと。
連絡ミスについては、以前にも同じことがあったということ。
我が家が外遊びをしないで欲しいと申し出る日は、風邪が悪化してお休みしなければならなそうな日だけなので、確実にお伝えしたいこと。
そのためには、どうしたら伝達できるか お互い協力し合いたいこと。

・・・でも、本当にあたしが考えている事を、ノートで伝えるのは難しいなぁ と感じていました。
ちゃんと先生には伝わっただろうか。あたしが立腹していると誤解されないだろうか。

そんな矢先、担任の先生から自宅に電話がありました。
「直接お話した方が、行き違いがなくていいかと思いまして・・・」

本当に感動しました。
きちんと、あたしたち親子に向きあってくれているんだ、信頼関係を結ぼうとしてくれているんだ、と感じたからです。
あたしも、考えている事をきちんと口頭で伝えられたので、本当に良かったです。
やっぱり、話すことに勝るコミュニケーションは ないのかもしれませんね。話すことって、本当に大切。

子育ては、ひとりでしてるのではないんだな とこころから思いました。

そんな心配をよそに、ボンズの保育園生活を 連絡ノートから抜粋。

お散歩中、よその家の庭にある風車が 風で勢いよく回っていたのを見たボンズ。
遠くから、「ふぅーふぅー」 と息を吹きかけていたそうです・・・(笑)。

ホールでの保育の日。
ボンズは仲良しのお友達がいるらしく、一緒に車を走らせたり、手を繋いで踊ったりしているそう。

楽しくやってんのね。
母も頑張るわ!

2006/04/17

タイヤ交換

060417_08070001 やっと夏タイヤに交換です。
毎年、これで春が来たという気分になります。寒いけど。

旦那がせっせと交換。
ホイルも新しくなりました。
車高調も入ってるし、ツライチでつ。

ボンズは、しきりにホイルを指差して なんか叫んでます。
先が思いやられます。

2006/04/15

メンテナンス日

今日は、自分の身体のメンテ日。
ずっと気になってたセルフエステに逝ってきますた。

ストレスたまってるは、疲れて化粧落とさずに寝るは(死)、顔がすっごい疲れていたのです。
そんなあたいに セルフエステ1回\1050。試したくなる価格よね(笑)。

クポーンでイオンスチームを無料でして、オプションで自律神経に良いというジャスミンのアロマをジェルに投入してもらった。これで+\525。
バスクリンの匂いがする・・・と思いつつ、超音波美顔器でジェルを顔にすりこむわけです。

セルフエステといっても、結構スタッフがやってくれるので、本気で放置というわけではなく、ジェルもたっぷり染み込みました。
確かに、椅子に座っての施術だから、全然癒されるわけじゃないんだけど、肌はすっごいぷるぷるになりました。

その後、カイロプラクティックへ逝って全身矯正。
去年の7月以来逝っていません(笑)。
院長には、「芸術的なズレ」 と言われるほどズレており、仙骨の方向をうりゃ! と変えてもらいました。スッキリ
骨盤も治したので、かなりヒップアップしました(笑)。

もう少しこまめにメンテしようかな。
安くはないから、お財布と相談だけれど(笑)。

2006/04/14

元気を充電。

最近、落ち込んだり泣いたり浮上したり、すごーく忙しかったので、今週末は自分のために贅沢な時間を作ろう!! と決心しました。
誕生日も忘れて働いたんだから、少しは御褒美をあげないと!
そして、積極的にストレスを解消する手段を実践しないと!

今日は、札幌三越で開催中の「壱万均一祭」 で、毎日のように偵察に行って決めた袋帯を購入。
全然自分の趣味じゃないんだけど、礼装用の帯なので、長く使っても飽きが来ないものを選びました。
引箔で1万円は安い買物でしょう。結婚式ラッシュだし。

明日は、カイロで骨格矯正をしてこよう。
時間があったらセルフエステも初体験してこようかなぁ。肌に疲れが出てきているし・・・。
そして、マイミクが出展している展覧会へも足を運ぼう。

その間、ボンズは保育園。旦那は中古車フェアを見に行くらしい。

職場では、いきなり緩和政策が取られた様子・・・。
しかし油断は出来ない(笑)。


たっぷり元気を蓄えようっと。

2006/04/11

29歳になりますた。

余裕がなくて、自分の誕生日すら忘れていました。
20代最後の1年。
来年の今日は 一体何をやっているんだろう・・・。
就職したら見えると思っていたけれど、逆に見えなくなってしまった(苦笑

そんなこんなで、相変わらず愚痴ばっかです。いけないねぇ。
今日の帰りも、地下鉄の中でベソかいてました。情けないねぇ(笑)。
毎日、「出来ないよぅ」 と思いながら泣いて帰り、「行きたくないよぅ」 と言いながら仕事に逝きます。
なんじゃこりゃ?こんな生活がしたかったのか?こんな根性ナシだったのか?

仕事で出来ないことがいっぱいあります。
あたしは、アドバイスを受けながら 少しずつ時間を掛けてやっていきたいと思っています。すぐに出来るようなことじゃないと考えているから。

毎日、敢えて難しい課題を与えられます。
難しいので、必ず失敗します。
勤務終了後、何故失敗したか反省会をします。
「今日言われたことは、明日しないで」 と言われます。
「この課題を乗り越えられなければ、職員として成立しない」 と言われます。
勿論、たくさんアドバイスももらえます。
でも、失敗することよりも 怒られることが怖くなってる自分がいます。

だけど、あたしには目標があるから、こんなことでへこたれないで、頑張らなくちゃ! と思います。
もっと子どもたちと仲良くなって、一人前になりたいと思います。
でも、今 仕事に逝くのがイヤでたまらん。
たったこれだけのことで弱音吐いて 仕事イヤだ なんて、弱虫で情けないと思います。
今辞めたら、自分の出来なかったことだけが心に残ってしまう。
自分はやっぱり駄目だった と、自信を失ったままになってしまう。
しかし、この職場で 自信を取り戻すことはできるのだろうか・・・?

ジレンマです。

2006/04/09

東京事変

北海道厚生年金会館にて、東京事変のライブ。
雪の降る中逝って参りました。
まじでさぶかった。。。

すっごく盛り上がる!! というライブではなく、聴かせる雰囲気のライブでした。「大人」ですからね。
バービーボーイズ(古)のコピーをヤってくれたり、「本能」を歌ってくれたり、良かったです。

ただ・・・席が悪かったからなぁ。
最前列なんて、林檎嬢と握手とかしてたし!!
次は絶対ファンクラブ特典でチケ取ってやる・・・!!

やはり、彼女のライブは より小さい会場の方がいいですね。
厚生年金でも広すぎるくらい。
Zeppくらいのキャパがいいんじゃねーか。
そういう歌い手なのだと思いました。

そして、わざわざ飛行機で札幌まで来てくれたレナ、お疲れチャーン!!

*****
今日のきもの。 060409_20220001
ライブなので、ヒールに網タイツ&レッグウォーマーで逝きました。
踊った後なので・・・おはしょりがおかしなことになってます。
補整を適当にすると、こんなことになってしまいます。。。

水玉木綿(?)きもの・・・\4500
ポリ・リバーシブル洒落袋帯・・・\21000(撫松庵)
帯揚代わりのスカーフ・・・\105(ダイソー)
帯締代わりの水玉靴ひも・・・\315(大中)
ドラゴンと偽オニキスの根付・・・\500(ヤフオク)

2006/04/08

円山動物園

北海道の動物園といえば「旭山動物園」 ですが、札幌にも古い動物園「円山動物園」 があります。
仕事を始めてから、自分の事でいっぱいいっぱいだったので、風邪も治りかけてきたボンズを連れて逝ってきました。

よく晴れたけれど、まだ風は冷たい札幌。
でも、GWには激混みだろうから、空いている今の内に堪能するのがいいかもしれない。
人もまばらで 見たい放題でした。

060408_12060001060408_13050001ライオンもトラも見たし、ネコのでっかいやつ(肉食のネコ科動物)には威嚇されるし、サル山のサル同士の喧嘩も見たし・・・結構動物園って楽しいな(笑)。

でも、あたし的メインイベントは 「こども動物園」!
ヤギとか羊とかアヒルに触れます。
ボンズは動物が大好きなので、きっと楽しんでくれるだろう! と、一番最後に取っておいたのです。

しかし、事件は此処で起きました・・・(笑)。

最初は旦那から離れず、怖々近づいていたボンズでしたが、段々楽しくなり 羊と戯れ始めました。
そしてこの羊も人懐っこく、やたらとボンズに近づいて行きます。
その時。
いきなり羊が鼻先でボンズを押し、ボンズはそのまま転んでしりもちをつきました(笑)。

勿論ボンズは驚いて大泣き(笑)。
母は大爆笑しますた。

それにしても、あの羊・・・なんでいきなり押したんだろうか・・・。
怒ってた風でもなかったんですけどねぇ。

060408_13110001←この直後に 大泣きしますた。

2006/04/04

1歳11ヶ月

身長:80cm  体重:10.8kg

認可保育園にも無事に入ることが出来、毎日楽しそうに通っています。
・・・と言っても、まだ1日しか行かない内に 今日休んだんですけどね(苦笑

ウキウキの保育園生活、ボンズも刺激されて少し出来ることが増えました。

全然ことばが増えないボンズですが、最近覚えてきたのは「アンパンマン」。
「ぱんまん」 と、アンパンマンを指差しては しきりに訴えます(笑)。

歯ブラシ取って! と訴えることが多くなり、ひとりで歯ブラシを持って得意げにに磨いています。
以前から 歯ブラシを持たせて磨くことはしていたけど、自分から 磨くから取って! と訴えるようになったのは成長。
仕上げ磨きは、まだまだダイキライだけど・・・(苦笑

誰にでも、「ばいばい」 と手を振るようになりました。
この間は、知らないおっさんにバスから手を振って・・・(苦笑
保育園では、「上手だね~!」 とおだてられ、天狗になっているボンズ(笑)。

体調が悪かったせいで、帰って来てからもぐずってた様子。
早く風邪が治りますように!
・・・今回のはしつこい・・・。

欠勤 再び

昨日、仕事後の打ち合わせ中 託児所から電話が。
ボンズの熱が38℃を超えたとのこと。
仕事があるから、迎えに来て ということではなかったのだけど(感謝!)、認可の慣らし保育中ということもあって、そちらに支障が出るといけないから・・・ということで電話をくれたのでした。

あちゃー と思ったけれど、あたしとしてはタイミングが良すぎる電話(笑)。
今 明日休むかもしれない と伝えておけば、迷惑も最小限で済むというもの。
そして 今すぐ退勤したら、小児科の受診時間にも間に合うし、明日は休まなくて済むかもしれない。

そう思って伝えたところ、
「はっきり言って迷惑です。仕方ないから休んでいいけど、仕事が雑だから自分の仕事をちゃんと確認しておいてね。」
なんて言われてしまった。

今が忙しい時期だということはわかってる。
人が足りないということもわかってる。
でも、口先だけでもいいから「大丈夫?」 って言って欲しかった。
「子どものそばにいてあげなよ」 って言って欲しかった。
ボンズに罪はないし、熱だって出したい訳じゃないのだから。

でも、そんなことを考えてしまうあたしは 弱くて甘えた人間なのかと思った。
こんなこと、言われて当然のことではないけれど、子育てしながら働く以上、色々な軋轢にも屈せず 頑張らなきゃなぁ って思ってたところだったから。

ちょっと前まですごーく頑張ろう! と思ってたけど、給料日を境に(笑)やる気が失せ気味・・・。

何だかしんどくなってきたなぁ。
もう少し頑張るけどさぁ。
だって、今辞めても何のキャリアも経験も残らないから。
かといって、長く勤めても 失業保険も出産手当も出ないんですけどね。

2006/04/02

西松屋 巡礼

新しく通う認可保育園の説明を、昨日受けて来ました。
担任の先生も、とても親身にお話を聞いてくれて、ほっと一安心。

新しい保育園では、室内がとっても暖かいので(床暖入ってるっぽい・・・)、着替えは半袖・短パンでいいとのこと。
しかも、園にいる間は布おむつなので、おむつカバーも必要。
うちには全然ないので、西松屋に買いに行きました。

ひとりで売り場にしゃがみこみ、端から端までガン選び。
本当に可愛い服が、\380であります(笑)。
うっかりすると見逃すので、常に全ての洋服をチェックします(笑)。

Tシャツは可愛いのを3枚ほど購入。
ボトムはあんまりいいのがなくて、1枚だけ。おしりに覆面レスラーがついたやつ。

衝撃だったのは、冬物のニット帽が\10で売ってたこと・・・!!
2つも買ってしまった。それでも\20。ウヒャー

2006/04/01

「お休みさせて下さい。」

木曜日の夜、ボンズが熱を出した。
今週はずっと微熱があったのだけれど、本人は元気だったので、そのまま登園させていた。
やっぱり、風邪が悪化してしまったんだ・・・と思うと同時に、明日の仕事 どうしよう? と考えた。
明日は、人出が足りない日であった。

札幌市には、「乳幼児健康支援デイサービス事業」 というものがある。
所謂 病児保育なのだけれど、病気の回復期に病院に併設されている施設で預かってもらえるのだ。
とはいえ、実施機関は3ヶ所しかなく、定員も1ヶ所につき4名という少なさなのだが・・・。

ここに預かってもらうというテもあったのだが、あたしはそうしなかった。
やっと保育園に慣れた といっても、まだ家では不安定な日々で 毎週微熱を出していたし、4月からは認可保育園に転園することになっている。
何だかこんな落ち着かない状況で、全く知らない所に1日預けると、更に不安定になるのではないか・・・と心配になった。

こんなサービスもあるけれど、料金が時給よりも高いので、利用できず・・・(苦笑

でも、本当は 自分が疲れてしまっていた。
駄目出しされることに、自分を奮い立たせることに、常に走り続けていることに。
常に緊張していて、仕事柄 休憩時間もなく、毎日無給の残業して、仕事が終われば駄目出し。
3月のお給料の半分は、交通費に消えてしまった。

人手が足りないのも、仕事を覚えなければならないのもわかっていたけれど、何かどーでも良くなった。
明日は休もう。そう決めて寝ることにした。

翌朝。
ボンズの熱は下がっていた。
でも、昼間に上がることは確実だった。実際、9時過ぎに病院逝った時には 37℃台だった。
あたしの仕事は、遅刻・早退・中抜け は不可能である。一度入ったら 退勤まで離れられない。
結局 保育園と職場に休むことを伝えた。
職場に電話を掛けた時、受話器の向こう側から 耐えられない空気が流れてきたけれど、えいや! っと 電話を切った。

数十分後、再び電話が鳴って、今日の仕事の引継ぎを 他の職員にするように言われた。
それぞれの職員に電話をして、「申し訳ないです。御願いします。」 と頭を下げた。

この時、「やっぱり休まなければ良かった!」 と後悔した。
ボンズに無理させて保育園逝かせた方が、よっぽど気が楽だった と思った。
何て思われただろう? とか、月曜日 絶対何か言われちゃう・・・ とか、でもあたしは悪いことなんかしてないよ! とか、そんなことばかりぐるぐる考えてしまって、激しく嫌な気分になった。
そして、こんな風にしか考えられない自分も情けなかった。何にビビってんだろう?
嗚呼、思考回路を変えていかないと、参ってしまうな。図太くならなければ! って、無理だよ!爆

« 2006年3月 | トップページ | 2006年5月 »