無料ブログはココログ

« 働くって何だ! | トップページ | 西松屋 巡礼 »

2006/04/01

「お休みさせて下さい。」

木曜日の夜、ボンズが熱を出した。
今週はずっと微熱があったのだけれど、本人は元気だったので、そのまま登園させていた。
やっぱり、風邪が悪化してしまったんだ・・・と思うと同時に、明日の仕事 どうしよう? と考えた。
明日は、人出が足りない日であった。

札幌市には、「乳幼児健康支援デイサービス事業」 というものがある。
所謂 病児保育なのだけれど、病気の回復期に病院に併設されている施設で預かってもらえるのだ。
とはいえ、実施機関は3ヶ所しかなく、定員も1ヶ所につき4名という少なさなのだが・・・。

ここに預かってもらうというテもあったのだが、あたしはそうしなかった。
やっと保育園に慣れた といっても、まだ家では不安定な日々で 毎週微熱を出していたし、4月からは認可保育園に転園することになっている。
何だかこんな落ち着かない状況で、全く知らない所に1日預けると、更に不安定になるのではないか・・・と心配になった。

こんなサービスもあるけれど、料金が時給よりも高いので、利用できず・・・(苦笑

でも、本当は 自分が疲れてしまっていた。
駄目出しされることに、自分を奮い立たせることに、常に走り続けていることに。
常に緊張していて、仕事柄 休憩時間もなく、毎日無給の残業して、仕事が終われば駄目出し。
3月のお給料の半分は、交通費に消えてしまった。

人手が足りないのも、仕事を覚えなければならないのもわかっていたけれど、何かどーでも良くなった。
明日は休もう。そう決めて寝ることにした。

翌朝。
ボンズの熱は下がっていた。
でも、昼間に上がることは確実だった。実際、9時過ぎに病院逝った時には 37℃台だった。
あたしの仕事は、遅刻・早退・中抜け は不可能である。一度入ったら 退勤まで離れられない。
結局 保育園と職場に休むことを伝えた。
職場に電話を掛けた時、受話器の向こう側から 耐えられない空気が流れてきたけれど、えいや! っと 電話を切った。

数十分後、再び電話が鳴って、今日の仕事の引継ぎを 他の職員にするように言われた。
それぞれの職員に電話をして、「申し訳ないです。御願いします。」 と頭を下げた。

この時、「やっぱり休まなければ良かった!」 と後悔した。
ボンズに無理させて保育園逝かせた方が、よっぽど気が楽だった と思った。
何て思われただろう? とか、月曜日 絶対何か言われちゃう・・・ とか、でもあたしは悪いことなんかしてないよ! とか、そんなことばかりぐるぐる考えてしまって、激しく嫌な気分になった。
そして、こんな風にしか考えられない自分も情けなかった。何にビビってんだろう?
嗚呼、思考回路を変えていかないと、参ってしまうな。図太くならなければ! って、無理だよ!爆

« 働くって何だ! | トップページ | 西松屋 巡礼 »

働く母さん」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 働くって何だ! | トップページ | 西松屋 巡礼 »