無料ブログはココログ

« タイヤ交換 | トップページ | 職場内緩和政策 »

2006/04/21

保育園生活

保育園の送り迎えは、今のところ旦那がしてくれています。<車で通勤しているのは 旦那だから
なので、あたしは滅多に保育園に行けません。担任の先生ともお話できません。
そのために連絡ノートがあるのですが、先生もあたしも 忙しい中での記入なので、細かいことまでは伝えきれないものです。

そんな中、トラブルがいくつか起こりました。
ひとつは、他の子どもに噛まれ、ボンズの腕に歯形がくっきり・・・。
保育士さんが、丁寧に消毒してガーゼを当ててくれました。

もうひとつは、前日の夕方に微熱を出したので、登園時に「今日は外遊びは遠慮します」 と伝えたのに、担任の保育士に伝わっておらず、外遊びを楽しくして来てしまったこと。

あたし的には、噛まれることはお互い様なところがあるし、連絡ミスも 人間だから仕方ないと思っています。
でも、「親としてこう思っています」 と、連絡ノートに書きました。

噛まれたことについては、本人はひきずる性格ではないし、ばんそうこうなどを貼ると余計気にするといけないので、この後は 消毒などはしなくて良いこと。
もし痛いなど気にするようなら、楽しく遊べるような声掛けをして欲しいこと。
連絡ミスについては、以前にも同じことがあったということ。
我が家が外遊びをしないで欲しいと申し出る日は、風邪が悪化してお休みしなければならなそうな日だけなので、確実にお伝えしたいこと。
そのためには、どうしたら伝達できるか お互い協力し合いたいこと。

・・・でも、本当にあたしが考えている事を、ノートで伝えるのは難しいなぁ と感じていました。
ちゃんと先生には伝わっただろうか。あたしが立腹していると誤解されないだろうか。

そんな矢先、担任の先生から自宅に電話がありました。
「直接お話した方が、行き違いがなくていいかと思いまして・・・」

本当に感動しました。
きちんと、あたしたち親子に向きあってくれているんだ、信頼関係を結ぼうとしてくれているんだ、と感じたからです。
あたしも、考えている事をきちんと口頭で伝えられたので、本当に良かったです。
やっぱり、話すことに勝るコミュニケーションは ないのかもしれませんね。話すことって、本当に大切。

子育ては、ひとりでしてるのではないんだな とこころから思いました。

そんな心配をよそに、ボンズの保育園生活を 連絡ノートから抜粋。

お散歩中、よその家の庭にある風車が 風で勢いよく回っていたのを見たボンズ。
遠くから、「ふぅーふぅー」 と息を吹きかけていたそうです・・・(笑)。

ホールでの保育の日。
ボンズは仲良しのお友達がいるらしく、一緒に車を走らせたり、手を繋いで踊ったりしているそう。

楽しくやってんのね。
母も頑張るわ!

« タイヤ交換 | トップページ | 職場内緩和政策 »

ぐーたら育児」カテゴリの記事

働く母さん」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« タイヤ交換 | トップページ | 職場内緩和政策 »