無料ブログはココログ

« 見た目年齢 | トップページ | 個人懇談 »

2006/10/19

うるせー ばーか!

今日は 怒りモードの愚痴日記。
元気じゃない人は読まないでね。

本当に、一日も早く 一秒でも早く辞めたい!! と怒りに任せて叫んでいます(笑)。
自分の言うこと、黙ってニコニコ ハイハイ聞いてくれる人を雇えばいいんじゃねーの?
いい加減なことばっかりやってて、何が障害児福祉だ 馬鹿馬鹿しい!

報告したって、やらなかったら全く意味がない。
どんな細かいことでも、あたしは報告しているんだよね。子どもにとって必要だと思うし、スタッフにとっても必要だと思うから。
でも、「あー、大丈夫だから」 って、知的にレベルが高い子は、ないがしろにしてもいい というようにしか聞こえないんですけど。

報告しろって言うけれど、じゃあ報告したら何か変わりますか? と問いたい。
毎日毎日 同じようなことを反省して、このやり方はマズいのかな? って気付かないんだろうか。

大体、児童のアセスメント用紙もない。ケース記録もない。子どもがどんな診断名なのかもわからない。
あるのは、保護者が記入した児童票だけ。
それは重要な資料だけれど、すごく主観的だったりする。
「何の問題もありません」 と書かれていたけれど、かなりの大物だったりするし・・・(苦笑

昨日も、子どもの言語理解能力について、トップとあたしの間で意見の相違があったんだけれど、それだったら事業所で客観的な情報を押さえて、どのようなレベルまで理解できているのか明確に資料にすべき。その子は言語療法にも通っているんだから、意見書くらい出してもらえるでしょ。
トップだって、あたしとその子の関わりをずっと見ているわけじゃないんだから、どんなやり取りをしたか どんな様子で納得してくれたのか知らないし、客観的判断が出来るとは思わない。

児童に関する事前情報も適当、ケースカンファレンスもナシ、トラブルが起きた時のみの報告と反省。
「○○が、他の子を叩いたので、叩かせないように楽しく遊んで下さい。」
こんなのさぁ、プロの仕事じゃないでしょ。体力さえあれば、誰でもいいって話でしょ。
フツーは、きちんと事前情報を集めて、どういう風に援助していくかの方針を立てて、定期的に援助方針を見直していく ってなもんですよ。フツーは!
叩いたことで言えば、何故子どもが他害するか? って部分をもっと考えなきゃならない。
学校で何かあるのかな? お家の様子はどうなんだろう? どんな状況で叩くのか? などなど。
一応、週1でミーティングがあるのですが、時間がない時は報告プリントを配って「読んどいて」 で終了。意味ないから。
で、トップが思い出したように就業後、日誌を読みながら「こんなことがあったの?聞いてないけど」 とか言い出して スタッフに個人攻撃して八つ当たり。
だーかーらー、それはミーティング中に皆で議論するべきことであって、あんたがひとりひとりに説教するべきことではない!!!

昨日も、子どものお母さんに 報告しなければならないことがあって、事業所の入り口で話し込んでいたら、後で「何で早く帰さないの?」 とか言われて、全く意味わかんねー。
お母さんに色々伝えるのって、信頼関係に関わるでしょ?お母さんも不安で訴えてきてるわけだから。
それでたくさん情報ももらえたし、事業所でのその子の関わり方にも大きく影響すると思うんだよね。もっとこうしたらいいかな って他のスタッフに提案も出来るし。
それを 何も考えずグダグダおしゃべりしてる みたいに言われると、本当にマジギレ寸前だったわ。(おしゃべりも大事なコミュニケーションだと思うけどね)

常にトップは自分の都合ばっかり。ボランティアにはいい顔して、スタッフはないがしろ。機嫌悪い時には、50m以内立ち入り禁止にしたい(笑)。
上司は自分のことで精一杯。子どものことも、他のスタッフのことも、どーでもいい感じ。自分がマズい立場にならなければそれでいい。

嗚呼、気持ち悪いんだわ。この職場。
いっつもトップのご機嫌はどうか? ということがその日の快適さに繋がるし。。。
小さい事業所だから 尚更なのよねー。

雪降る前に辞めたいよー。
そりゃ無理だけど、年度内には何とか・・・(笑)。

そして、土曜日も仕事ー。クソー

« 見た目年齢 | トップページ | 個人懇談 »

働く母さん」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 見た目年齢 | トップページ | 個人懇談 »