無料ブログはココログ

« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »

2006年11月

2006/11/30

「OPERA exhibition」

今更御紹介して申し訳ない!!本日最終日でした~(土下座
ボンズを病児デイサービスに預け、朝イチで見に行きました。


かなり素敵な写真展でした。
札幌の写真シーンにはかなり疎くなってしまっているのですが、学生さんや若い写真家さんが頑張っているという印象はあります。
たまにそんな写真も拝見しますが、一線を画した写真展だと感じました。

どの写真も、主張しているのに 何処か落ち着きを感じさせるのです。
ギラギラしたり、媚びていたり、うるさかったりすることがない。
作品の前に立つと、妙に納得して見入ってしまうのです。
押し付けがましくないから、納得せざるを得ないんです(笑)。

それは、作家さんの生き方そのものなのかな なんて、ふと感じました。
ある程度の年齢を重ねて、そこから生み出されたものは、美しい と感じました。

特に、阿部重宣さんという方の作品。
ドキュメンタリーものは、ちょっと偽善のニオイがしてあまり好きではないのですが、阿部さんというフィルターを通じた被写体は、全くそんなことはありませんでした。
切り取り方やコメントに惹きつけられ、暫く作品の前に立っていました。
20代前半では、この写真は撮れないと思いました。

子どもを産んで、仕事も落ち着かなくて、三十路直前で(笑)、ちょっと焦っているあたくしですが、やっぱり年を取ることは楽しそうだな と思えた日でした。

とても素敵な写真展でした。
どうも有り難う御座いました&お疲れ様でした。

2006/11/28

辞めます

退職することにしました。
といっても来年だけど(笑)。
こんな気持ちのまま、仕事をすることが苦痛で堪らないので、次決まってないけど退職です。

「知的障害の仕事をしたい!」 「仕事を続けないと保育園に通わせられない!」 「あんな人の下で働けない!」 というそれぞれの強い思いが常にせめぎあってて、どんどんこころに澱が溜まっていたようでした。
一度「駄目だ~」 と思ってしまうと、そこから復活は出来なかったです。

1年も勤めてないので、自分でも堪え性がないなぁ と思ってしまいます。
でも、事業所がおかしいことは確かだし、あたしとしては求められることに応えられるようになったという少しの自負もあります。
だから、ずっと「まだ頑張る」 と思ってきたけれど、「もういいでしょ」 っていうのが本音(笑)。

そして、家で育児だけをする生活は、あたしには出来ないとわかったのです。
心身共に、不可能に近いです。
仕事をして、育児をするからこそ、心身のバランスが取れるのだと痛感しました。
・・・たまに自信はなくなるけどね(苦笑

というわけで、面接受けまくるよー!ハローワークの常連になってやる。

かなりすっきりしちゃいました。
ボンズの体調はすっきりせず、明日は病児デイサービス逝きでつが。。。

2006/11/27

やる気のない日

昨日から、なぁんにもしたくないほどだるい。
腰も痛いし、眠たいし、ご飯も作りたくないしー<いつも?

女子というものは、ホルモンに振り回されて生きる動物。
他の腐女子はどうかわかりませんが、あたくしは一ヶ月の半分は不調です(笑)。
やる気が出ない とか、眠い とか、イライラするーぅ とか。

今日もドリンク剤を飲んで出勤したけれど、どーもテンションが上がらず、トップの顔を見るとげんなり。。。(苦笑
嗚呼、もう「辞めます」 と言ってしまいそうだったわ。チャンスがなくて言えなかったけど(笑)。
でもさ、こうなると末期だよね。
顔見るのもヤダー なんて、どーしよーもないっス。

そんな日に限って、ボンズは怪しい咳をしていたので、夜に受診。
小児科の待合室で思いっきり吐いてくれました!
どうやら車酔いだったようで、ウイルス性の嘔吐ではない様子だったのですが・・・。

早く良くなりますように。

2006/11/22

就職活動

年中 就職活動を続けているあたしですが、本腰を入れることにしました。
何故なら 「うちの事業所 ヤ バ イ か ら」
(詳しくはこちら

更に、とってもじゃないけど此処には書けない 衝撃の事実も判明したのです(苦笑
これは長く居ては危ないな・・・と判断。
自分勝手に異動することにしました(笑)。

今まで、障害児に絞って求人を見ていて、「いいトコあったら・・・」 くらいに考えていたけれど、これからは血眼モード。
何を最優先にするかって、今の事業所を退職する!! ってのが一番重要(爆笑
だから、知的障害分野なら、おとなでも こどもでも面接受けることにしました。そして 出来ればフルタイム働けるところ。
入所系は行く気ありませんけど・・・。

本当は、今でも児童関係で働きたいけれど、今じゃなくてもいいと思えてきた。
多分、おとなよりも 子どもの方が自分に合ってる気はするけど、色んな現場を見て、色んな利用者と接していたら、自分も視野が広がると思うし、スキルアップできると思う。
子どもは、いつかおとなになるのです。
きっとまた、児童で働けるチャンスが来るはず。
自分を納得させているだけかもしれないけどね。

さーて、履歴書でも書きますかー!

2006/11/19

居宅介護事業所

ヘルパー実習で色々思うところもありまして、ちょっと色々調べてみた。
「うちの事業所は、法的には大丈夫なのか!!??」

「不正受給」「業務停止」 とまでは行かなくても、監査入ったら怒られる位のことはやってるんじゃねーか? と疑い始めてしまったあたい。
誰がサービス提供責任者かも知らないし、無資格者にサービス提供させてるし、勿論ケアプランもないよー。大体ケアマネは誰!!??
(↑あーあ、書いちゃった 笑)
これがどのくらいマズいことなのかわからないけれど、怒られる程度にはマズいと思われる。
障害者のケアマネジメントは、「努力義務」 らしいので、今すぐどーの という話にはならないだろうけど、今後介護保険のように うるさくなるのは目に見えてるんだよね。

これから行動援護取るだの 訪問介護も提供するだの言ってるけど、その前にもっとちゃんとしようよ・・・。
絶対、トラブルになるに決まってるし、そんな事業所はサービスの質も低いから、淘汰されていくに違いないのです。

トップや上司は、わかっててやってんのか・・・それとも 制度的に過渡期なので移行措置みたいのがあるのか・・・?
調べただけではわからなかった。

詳しい人、誰か教えて下さい。

「うちは ヤバいですか?」

2006/11/17

介護実習~デイ・ホームヘルプ編

昨日・今日と デイサービスとホームヘルプサービス同行実習に逝って来ました。

デイは、プログラムがあるので、レクやって終わり。
実習先が、会社的にモメ気味で(笑)実習生どころじゃないって感じ。
スタッフの声掛けも、それっていいのかなぁ 的なところもあり。

ヘルパー同行実習は、某大きい法人のヘルパーステーションに逝きました。
流石・・・でっかい建物に色んな施設が入ってます。
大きい法人だけあって、リスクマネジメントや記録もしっかりしていて、とーっても勉強になりました。
自立支援のケアマネジメントも、しっかりされていました。
聞いたところ、自立支援のケアプランは「努力義務」 らしいんですけど、この法人では「~した方がいい」 と制度で言われていることは、全て実践しているそうです。

肝心の同行訪問でしたが、1件しかなく なーんにもしてません(笑)。
だって、通院介助なんだもん。何もすることないんだわー。一緒にタクシーで病院逝っただけ(笑)。
本当は、全介助の方の移動介護も予定にあったのですが、それはキャンセルにより行かなくなりました。残念。

嗚呼、これでヘルパー2級取れますよー!!
堂々と、移動介護も出来マース。
今まで無資格だったってことですが・・・ガクブル

2006/11/14

働くってナンデスカ

本日、衝撃の事実が発覚。

ヘルパー資格が取れると、時給が上がることになっていました。
しかし、通勤手当が全額カットになると言われました。

ハローワークの求人票には、「交通費全額支給」 と書いてありました。
だから、時給が安くても受ける気になったのです。
なのに、初めてのお給料には交通費の支払いがありませんでした。
上司に問い合わせて、初めて全額支給されました。

数ヶ月して、車通勤をすることになりました。
そこで、交通費は3分の1以下に減りました。
その根拠は、非課税額から割り出したもののようです。
勿論、ガソリン代はその手当では足りません。
毎月、1万円くらいの不足です。
それすらも支給されなくなるということです。

働くって、お金が全てじゃないけれど、労働の対価としてもらえる給与とか待遇って、意欲とか価値に繋がると思うんです。
頑張ろう! とか、自分が必要とされてるんだ みたいな感覚。
トップのヒステリーには 本当に参っているけれど、この仕打ちって?? と激しく感じました。
そういう大事な情報を小出しにされることにも、いいように使われている気がして 虫唾が走るんですよね。

働く母親というけれど、所詮日本の制度は正規雇用されている人向けのもの。
パート雇用者は女性の40%以上もいるというのに、安い賃金で使われ、妊娠したら即退職。
社会保険も付かないから、何の保障も手当もない。
頑張っても、正規雇用の道は殆どなく、いつまでも低賃金のまま使い捨て。

などと文句を言っても、労基局に駆け込む気も失せてます。
どうせ、残業手当・通勤手当をぶんどったとしても、精神的なストレスがたまるだけ。
自分の精神的な健康を維持するには、黙って退職がいいのかなー とか思ってしまう。

1秒でも早く こんな職場に居たくないです。
自分が惨めに感じます。

2006/11/11

生活発表会2006

ボンズの生活発表会でした!
仕事を休んで参加です。
運動会は大泣きしたボンズ・・・。
果たして今日は・・・!!??

と心配していましたが、多少ざわついた雰囲気に飲まれていたものの、泣かずに保育士さんに引き渡すことが出来ました(笑)。

ボンズは、お遊戯と劇に参加。
お遊戯は、男の子と女の子に分かれて行います。<何で分かれるんでしょうね?人数多いからかなぁ・・・
衣装は先生たちが一生懸命作ってくれたものを身につけるのですが、練習の時から頑なに「いやだ!!」 と着なかったらしいのです(笑)。
本番も着るわけがなく・・・先生に抱っこされて、ふてくされて参加していました。
曲も衣装も、ボンズ好みではなかったらしい。

その代わり、劇は楽しかったようです。
ちゃんとお面もかぶって、登場していました。
お遊戯の話はしないけど、劇の話はしてました(笑)。
母に似て、頑固者です。

最近、自我が激しく芽生えているのか、「いやだ!」 とはっきり言います。しかも何につけても(笑)。
かんしゃくを起こすようなイヤイヤではなく、いやだからいやだ! という感覚のようです。
寝言でも「い~や~だ~~~~」 と言ってた時は、どーなんだ! と思いましたが・・・(苦笑

2006/11/10

介護実習~グループホーム編

2日間のグループホーム実習が終わりました。
認知症対応のグループホームだったので、入居者の方は全て「認知症」という診断を受けています。

正直言うと、高齢者分野に苦手意識を持っていました。
自分にも認知症のばーちゃんがおりますが、諸所の事情でずっと自宅では生活していません。
教員時代、ボランティア部の引率で行った高齢者施設でも、利用者とコミュニケーションが全くうまくいかず、「やっぱり自分には高齢者福祉は合わない」 と思っていました。

でも、ホームヘルパーの資格を取るに当たり、避けて通れない高齢者分野での実習。
どーやってコミュニケーション取ればいいのー!!?? と不安がいっぱいでした。
第一、グループホームって どの程度の人たちが入ってるのかも想像付かない。
発語出来るのかしら?寝たきりの人ばっかりかしら?疑問は尽きません。

で、実習初日。
利用者ひとりひとりに自己紹介をして回ったのですが、最初に言われたのが「可愛らしい人ね~。美人さんだねぇ~。」 
これだけで、実習に来た甲斐があったってもんです(爆笑
他の利用者さんとの会話中にも、「あなたいくつなの?」 と聞かれ、「29歳なんですよ~」 と答えると、「いやー、そうは見えないわ。若く見える!」 と言って下さる!!
しかも、認知症の方なんで、5分後には同じことを聞いてきます。その度に「いやー、若く見えるわよ!」
1日で、10回は言ってもらっちゃいました。得したわ~(笑)。

その上、実習指導の職員に、「この人にここの仕事紹介してあげなさい」 と言って下さったらしいのです。「いい人だから、仕事探してあげて」 って。
その利用者の中では、あたしは高校卒業したてで 親元で暮らしてる設定になっていたので、仕事をして自立して欲しかったのでしょうね。有難い・・・(笑)。

今日は、昼食中に「mayuがいないぞ。飯も食わないで帰ったのか!」 と言い出した利用者さんがいたり(並んで食べていましたが)、「今日は泊まっていけばいいしょ」 と言って下さった方がいたり、いきなり名前を呼んで下さった方がいたり、本当に嬉しくなる出来事がたくさんありました。
あたしが別室で休憩を取っている間、うろうろあたしを探していた方もいたらしいです。
分野は違えど、この業界でやっていこう! という気持ちにもなれたし、嗚呼 このまんまのあたしでいいんだ、と少しの自信も付きました。

学生の時から、社会福祉現場実習1週間+4週間、教育実習2週間×2 と、たくさん実習をさせて頂きましたが、何処の実習先もフトコロが深くて、みんなが「現場で待ってるよ!」 と言って下さいました。
でも、実際仕事をすると怒られてばっかりで、「あたしの評価は実習生レベルだったのか・・・」 と落ち込むことが多かったのです。
この実習で久々に褒められて(笑)、今までの職場の当たりが悪かったんだ という開き直りに到達することが出来て、本当に良かったです。
本来、福祉の現場はこうあるべきだという形式(観察・記録・報告などなどなど) も見れて良かったです。

自閉症の世界も不思議で興味深いですが、認知症の世界も面白いモンですね。

さぁ、来週の実習を頑張ったら、次のステップへ向けてお勉強だ!

2006/11/06

高熱。

さーて、そろそろ出勤の準備をするかね・・・と ぼんやりネットをしていたら、電話が鳴りました。
「ボンズくんが、お熱出してます~。」
・・・保育園からでした・・・ガックシ

週末、青ッパナが出てるなぁ・・・とは思ってたんですが、そんなに酷くなかったので放置してたんですよね。実際元気だし、週末だから病院やってないし。
朝も元気に出掛けていったのに・・・(嗚咽

保育園では、最高39.7℃まで上がったとのこと。お迎えに行った時も、39.3℃。
今週は生活発表会があるので、何とか参加させたいのです!!
でも、あたいの介護実習もあって、木~土曜はお休みをもらってたのです(倒
ついでに来週も2日間 実習でお休みもらってます。
こんな時くらい欠勤してあげたいけれど、今週と来週はもう休めましぇん。。。
いや、休めるんでしょうけど、上司にまたムカつくこと言われるのがイヤで。
実際、出勤時間に遅刻しそうだったので、先に連絡を入れたのですが、何かピンと来ない返事。
遅刻しちゃうんだから、送迎の予定を入れ替えてくれればいいのに・・・。
結局、再度電話連絡をすることになり、二度手間。

病児デイサービスも、当日の申し込みとなってしまいましたが、偶然空きがあって入ることが出来ました(感涙
急いでお迎えに行って、午前中の診療時間に滑り込みセーフ。
診断書を書いてもらって、デイへ・・・。
勿論 ボンズ大泣き。
今日稼ぐ分と大した変わらない利用料を払って、出勤・・・。

高熱出してしんどいボンズを、慣れない所に預けてまで働くって、やっぱり切ない。
だから、職場で「大丈夫?」 と言われても、「大丈夫じゃないです」 と答えてます(笑
それでも、「子持ちは使えない」 とあいつらに思われたくない一心で、仕事に行くわけです。
心の底から ボンズに「ごめんね」 と言いたいけれど、そう言う代わりに「頑張ったね」 って言ったよ・・・。

明日は、予約が取れずにキャンセル待ち。
誰かの体調が良くなって、キャンセルが出ればいいな。本気で明日は休めないから(汗
そして週末までには、ボンズも良くなりますように・・・。

あたしも、風邪をもらったら実習に差し支える!!
気をつけなくては。

ヘルパー講習終了!

今日で ヘルパー講習のスクーリング&レポートが全て終了しました!
あとは、4日間の実習だけ・・・。

学生の時に、社会福祉現場実習(4週間)、教育実習(2週間×2) とこなしているので、4日間の実習なんてチョロいはずなのですが、ものすごーく不安です。
だって、高齢者分野なんだものー。介護実習なんだものー。

高齢者分野で働きたいと思ったことも、勉強したいと思ったこともないので、コミュニケーション取れるのかなー? と心配です。
教員時代、引率で行った施設で ちょっと関わったのですが、やっぱり思うようにコミュニケーションは取れず・・・嗚呼心配。

多動の知的障害児とは 生活の様子もアプローチも、全く違いますよね(汗
認知症の高齢者は、公園で走ったりしないし(笑)。
謙虚に向き合えばいいんですけどね。具体的にどうしたらいいのか(苦笑

しかも、うちの学校から初めて実習生を受け入れる施設に実習に行くことになり・・・テンパるー。
「初めてだから mayuさんに行ってもらうことにしたの」 と先生に言われた。そんなに立派な学生じゃないから・・・。。。

でも、先生方にはとってもお世話になったのです。
職場の愚痴を聞いてもらったり、うちの職場はおかしいと気づかせてくれたり。
ついでに、うちの講師にならない? とお誘いもらったり(笑)。
だから、全然辛くなかった。むしろ楽しかったです。

もう少しで実習。
風邪引かないように頑張るぞ!

2006/11/04

2歳6ヶ月

体重:12.8kg。
トイレレーニングも始まり、毎日が格闘です。
保育園では、きっちりトイレに行ってるようで、洗濯物も随分少なくなって来たのです。
しっかし 家じゃトイレに行かない!(苦笑
誘っても「ちっち なーい!」 と言うし、トイレに行ったら行ったで ペーパーや水で遊び始めて本当に困る。

最近、何するんでもふざけるようになり(汗)、んまー めんどくさいです(笑)。
大体放置するんですけど、時間に追われてる時はイライラ・・・。
くれよんしんちゃんみたいなノリです。困ったモンです。

でも、トイレトレーニングを開始してから、ぐっと言葉が増えたように思います。
「これは?」 と物の名前を聞くことはあったけど、最近は「なにやってんの~?」 と聞く。
果物や動物の名前も、どんどん言えるようになっています。
「がおー」→「らいおーん」 というように、赤ちゃん言葉の脱却も見られます。
クルマを指差して、「とーしゃん」 と言います。ホイルを指差して、「とーしゃん」 と言います(笑)。
とーしゃんのクルマは インプじゃないよ・・・。

ボンズは、言葉が遅い方なので、こんなレベルでも嬉しいものです。
いつになったら、保育園での出来事を教えてくれるようになるのかなぁ?
今は、「今日は何して遊んだの?」 と聞くと、「ほいくえん!」 と答えるボンズ・・・(笑)。
間違ってはいないけど、ちょっと違うよね・・・(爆

来週は保育園の生活発表会!
劇とお遊戯をやるそうです。
出来るのかしら・・・楽しみです。

もうすぐ雪のシーズン。
色々準備しなきゃいけないものが多くて、買い物&お裁縫しなくちゃいけません。
あーあ、気が重いわ~。061030_20010001

変な顔が流行っています。。。
ついでに、「ちょっと!ちょっとちょっと!」「まいうー」「あまーい!」 にプラスして、「欧米か!」 も言えるようになりました。

2006/11/03

飲み会

久々に飲みに逝きました。お盆以来。
ヘルパー講習もあったし、忙しかったので自粛していたんですよね。
面子は、前にうちの職場で働いていた仲間。秘密飲み会です(笑)。

まーまー 色んなお話をしました。
やっぱり、別の視点から物事を見てくれる人と繋がるって、とても大事なことですね。
はっとしたり、なるほどと思ったり。

今日はウコンを飲んだので、静かに飲めました(笑)。

« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »