無料ブログはココログ

« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »

2007年8月

2007/08/26

久々のススキノ

お誘いがあり、学生時代の友人と飲みに逝きました。
久々にすすきのだー!!

すすきのも、久々に来ると全然店も知りませんが、独身の時よく飲みに行った薄暗い店はまだ存在していて、二次会にはそこへ行きました。
昔はカクテルをよく飲んでいたので、そのような店に通っていましたが、今は梅酒オンリーになってしまったため、ジンの味など忘れちまいました…。

次の日仕事だというのに、ついつい飲みすぎてしまい、本当に仕事中 気を失いそうになりました。(ていうか 失ってた)

もう若くはないので、楽しいからって帰るのを先延ばしにするのはやめよう! と誓いましたとさ。

2007/08/15

どうしてだろう?

毎年 この時期になると考えること。

どうして、戦争をする人たちがいるんだろう?

みんな 食べるものに困ったり、家族や友達や自分が殺されたり、毎日泣いて暮らしたり、そんなの嫌だ と思っているのに、どうしてだろう?

いろんな歴史や、いろんな信条が世の中にあることは知っているけれど、純粋に疑問なのです。

あたしは自分が自分でなくなることや、大切な人たちを失うことは、恐ろしくてなりません。
みんな 「火垂るの墓」 を見て涙するのに、憲法改正はよしとする?

純粋に 疑問なのです。

2007/08/14

動物園

うちの職場にお盆休みは存在しなかったのですが、保育園は休みだし…2日間 休暇を取りました。
いつもは出来ない家族サービスを…と考えて、ボンズに「動物園と プールとどっちがいい?」 と聞くと、「どーぶつえん!!」 との返事。
途中、「でーっかい プール!!」 とかも言い始め、困惑気味の父母でしたが、結局動物園に決定。
今日は、外で死ねる…と思ったくらい暑くて、水のない場所に行くことはしんどかった。まじで。

動物園 とはいっても、札幌・円山動物園でも 旭川・旭山動物園でもなく、滝野すずらん丘陵公園という、山奥のでっかい公園で開催されていた 移動動物園。
何だか面白そうなので、行ってみました。

暑い中、車を飛ばして行ったのに、想像していた動物園とは 趣が全く異なっており…。
ヤギ・ワラビー・犬・カメ・ウサギ…などの小動物と ”触れ合える” といった趣向のものでした。

これが本当にすごすぎて、どの動物もまだ子どもで、低い柵の中に囲われているのですが、そこに無邪気な小学生以下のチビッコが乱入したらどうなるか…!!??

どの動物も、あまりの暑さに日陰でうずくまってて、しかも訳のわからん子どもたちにいじくりまわされていました。
ウサギは震えてるし、ヤギは下痢してるし、ワラビーは恐怖のあまり威嚇していました。。。
小型犬コーナーには、よだれ垂らしてぐるぐる回ってる犬が1匹いて、絶対 健康じゃないよな…とシロートでもわかる感じ。

ゲージに入ってたアメリカンショートヘアーの子猫は、あたしたちが近付くと こっちに寄ってきて何かを訴えているのですが、決して鳴かないのです。
様子を見ると、犬みたいに舌を出してハァハァいってました。ゲージの中には水が入った皿もなくて、「このままじゃ 死ぬ!」 と思って 慌てて係員に「水あげて下さい」 とお願いしたくらい。
暫くしたら、水を与えてくれて、やっと子猫は鳴くことが出来ました。

その脇には、ハムスターと ”触れ合える” コーナーがあったんだけど、でっかい桶に親指~ひとさし指くらいのハムスターが何匹も入ってて、そこにチビッコが群がって、ハムスターを捕まえて ”抱っこ” していました。
絶対、1匹くらい 死ぬんじゃないかな と思って、怖くてうちのボンズには触らせることが出来なかったよ…。

あの30℃を超える炎天下の中に、小動物を置いているのもアレだけど、そこに好奇心いっぱいのチビッコを投入するのは如何なものか。
それって、動物の寿命を縮めるだけで、「チビッコたちの貴重な体験」 にはならない気がするんですけど。

とはいえ、来ちゃったものは仕方がない。
ボンズも、可愛い動物たちを見ちゃったものは仕方がない。
親としては、目を光らせて、安全に動物と関わりあえるように 見ているしかないんだよね…。

それにしても、動物を乱暴に扱う子どもがいても、親もスタッフも注意しないんだよね。
そんなにしたら、ハムスター死んじゃうよー!! とか、こっちはハラハラしてるんだけどさ。。。

ボンズは、大好きな動物をたくさん見ることが出来て、満足したようです。
(ビビリなので、あまり触ることは出来ませんでした)
旦那とあたしは、動物がかわいそうすぎて、ゲンナリして帰ってきました。。。
暑くて、他の遊具で遊ぶ気にもならなかったしな~。

家に帰って、我が家の愛猫は なんて幸せなんだ!! と心から思いました。

20070814

2007/08/11

お祭り

保育園でお祭りがありました。
ボンズはよく理解してはいないけど(笑)、おみこし行列をして、夜には盆踊りと花火に参加しました。

去年もおみこしに参加しましたが、場の雰囲気に飲まれ、おみこしの綱は引けない状態。>詳しくはこちら
今年は、とりあえずうちわを持って おみこしの綱を引くことが出来ました。無表情だったけどな…。
でもでも、去年は頑なに はちまきをしなかったのですが、今年は拒否もせずはちまき姿に。成長しました(笑)。

夜の盆踊りは、全く踊る気配がなく、母が懸命に盛り上げようと踊ったけど、無理でした…。
保育園ではノリノリらしいのに!!
まぁ、そんなもんだよね。

でも、最後の花火は「たのしかったねぇ~」 と帰ってからもしきりに話していました。
今度は、うちで花火しようね!

20070811

2007/08/05

食う寝るところ

あたくし、全くインテリアだとかエクステリアだとかに凝れない人です。
御洒落じゃないと許せないんだけど、適性がないのよね。
掃除キライだし、空間演出とかできないの。
「こんな感じなら素敵だなー」 と思っても、自分の家をそうすることが出来ませんー。

家を建てる予定もないし、何も考えずにいたんだけど、職場の周りが新興住宅街で。
その家々を仕事で回ったことがあったんです ちょっと前に。
そうするとさー、立派できれいな家ばっかりなわけ。こじゃれてるわけ(笑
こだわってこだわってこの家を建てたんだろうなー と思うと、自分の家はどーにかならんわけ? とか思ってしまって。

今住んでる家の所有権とか色々オトナの事情もあるので、すぐにどーにも出来ないわけですが、ゆくゆくは建てなおしたり 全面リフォームしたりするのだと思うわけです。
ぼんやり いつくらいに実行するのか? と考えると、40代なんてあと10年なわけじゃないですか。
大きい買い物をするにあたって、10年なんかすぐなわけで、そーするとお金のこととか間取りのこととか、計画もないくせに「嗚呼 大変だ!」 と焦ってしまいました(爆

そんなことを旦那に訴え、「どーする気でいるのさ?」 と問い詰めると、「あと20年はいいんじゃね?」 とか呑気な事を言う。
20年って…あたし50歳ですけど…(呆

嗚呼、これは旦那主導では危険だ。
しかも、旦那が間取りとか決めたら、絶対御洒落じゃなくなるし 使い勝手悪くなる。

どーやったら御洒落で使い勝手が良い家が建つのでしょうか?
お金の問題は???

とりあえず、トイレの掃除をしようと思います…(笑

« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »