無料ブログはココログ

« お祭り | トップページ | どうしてだろう? »

2007/08/14

動物園

うちの職場にお盆休みは存在しなかったのですが、保育園は休みだし…2日間 休暇を取りました。
いつもは出来ない家族サービスを…と考えて、ボンズに「動物園と プールとどっちがいい?」 と聞くと、「どーぶつえん!!」 との返事。
途中、「でーっかい プール!!」 とかも言い始め、困惑気味の父母でしたが、結局動物園に決定。
今日は、外で死ねる…と思ったくらい暑くて、水のない場所に行くことはしんどかった。まじで。

動物園 とはいっても、札幌・円山動物園でも 旭川・旭山動物園でもなく、滝野すずらん丘陵公園という、山奥のでっかい公園で開催されていた 移動動物園。
何だか面白そうなので、行ってみました。

暑い中、車を飛ばして行ったのに、想像していた動物園とは 趣が全く異なっており…。
ヤギ・ワラビー・犬・カメ・ウサギ…などの小動物と ”触れ合える” といった趣向のものでした。

これが本当にすごすぎて、どの動物もまだ子どもで、低い柵の中に囲われているのですが、そこに無邪気な小学生以下のチビッコが乱入したらどうなるか…!!??

どの動物も、あまりの暑さに日陰でうずくまってて、しかも訳のわからん子どもたちにいじくりまわされていました。
ウサギは震えてるし、ヤギは下痢してるし、ワラビーは恐怖のあまり威嚇していました。。。
小型犬コーナーには、よだれ垂らしてぐるぐる回ってる犬が1匹いて、絶対 健康じゃないよな…とシロートでもわかる感じ。

ゲージに入ってたアメリカンショートヘアーの子猫は、あたしたちが近付くと こっちに寄ってきて何かを訴えているのですが、決して鳴かないのです。
様子を見ると、犬みたいに舌を出してハァハァいってました。ゲージの中には水が入った皿もなくて、「このままじゃ 死ぬ!」 と思って 慌てて係員に「水あげて下さい」 とお願いしたくらい。
暫くしたら、水を与えてくれて、やっと子猫は鳴くことが出来ました。

その脇には、ハムスターと ”触れ合える” コーナーがあったんだけど、でっかい桶に親指~ひとさし指くらいのハムスターが何匹も入ってて、そこにチビッコが群がって、ハムスターを捕まえて ”抱っこ” していました。
絶対、1匹くらい 死ぬんじゃないかな と思って、怖くてうちのボンズには触らせることが出来なかったよ…。

あの30℃を超える炎天下の中に、小動物を置いているのもアレだけど、そこに好奇心いっぱいのチビッコを投入するのは如何なものか。
それって、動物の寿命を縮めるだけで、「チビッコたちの貴重な体験」 にはならない気がするんですけど。

とはいえ、来ちゃったものは仕方がない。
ボンズも、可愛い動物たちを見ちゃったものは仕方がない。
親としては、目を光らせて、安全に動物と関わりあえるように 見ているしかないんだよね…。

それにしても、動物を乱暴に扱う子どもがいても、親もスタッフも注意しないんだよね。
そんなにしたら、ハムスター死んじゃうよー!! とか、こっちはハラハラしてるんだけどさ。。。

ボンズは、大好きな動物をたくさん見ることが出来て、満足したようです。
(ビビリなので、あまり触ることは出来ませんでした)
旦那とあたしは、動物がかわいそうすぎて、ゲンナリして帰ってきました。。。
暑くて、他の遊具で遊ぶ気にもならなかったしな~。

家に帰って、我が家の愛猫は なんて幸せなんだ!! と心から思いました。

20070814

« お祭り | トップページ | どうしてだろう? »

ぐーたら育児」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« お祭り | トップページ | どうしてだろう? »