無料ブログはココログ

« もう師走!? | トップページ | なるほど…とはいえ… »

2009/12/19

死刑制度

忙しくて、テレビも新聞も読んでいなかった間に、注目された事件の判決が出ていたのですね。

死刑制度には、賛否両論あって当然。
人の命の問題なので…。
あまりblogに、批判承知のことを書きたくはないのですが、今回は思うところもあったので、書き留めておきます。

あたしは、死刑という制度はあって良いと考えています。
これだけ人間がいる中、あらゆる方法を取っても更生不可能な人間もいるはず。
そのような人間が、刑務所から社会に戻り、また罪を犯すのであれば、死刑も止むなし と思うのです。
だって、あたしたちの社会は、そういう者を排除することで成立するようにできているのですから。

ただし、矯正プログラムを体系化・刑務所の在り方の見直し・出所後の再犯防止システムの構築…をしてこその、死刑制度。
罪を犯した者と同じ人間として、議論を尽くし、システムを作る必要はあるでしょう。

で、今回の判決ですが…
彼は本当に『完全勝利』 などと思っているのでしょうか。
人生というものに絶望し、犯罪者として注目されているから、そういう人間を究極に演じているのではないでしょうか…?

もしも、本当に本当に そう思っているのなら、死刑で良い。仕方ない。
現在の議論の主流は、そんな人間にまんまと死刑判決をしては、罰にならないではないか ということ。
でも、死刑制度の目的は、罰を与えることではなくて、社会を守るためではないのでしょうか。
そうだとすると、例え死刑判決が彼の思惑通りであったとしても、更生を望めない人間が生きていくことができない社会である限り、死刑にするべきなのだ と考えます。
だって、そんな人間を出所させて、じゃあ何処に行く? という話ですよ。
また犯罪を起こすかも? という危険を抱えながら、社会生活をさせるのでしょうか。
それとも、一生精神科の閉鎖病棟?

社会の矛盾を解決するのは、やはり終身刑の創設だろうな と思います。
犯罪者は怖い。
死刑制度はいけない。
それは社会の矛盾だと思うのです。

彼は、人生に意味がないと感じ、でも自殺はできないから死刑になりたい という。
あたしも、うつを患った時、生きていたくなくて、でも自殺は怖くて、誰か殺してくれないかなぁ と考えていました。
(今はすっかり良くなってますので、ご安心を!)
でも、あたしは人を殺すことは選ばなかった。

何がそれを分かつのか。
あたしたちは、それを考えなければならないと思います。

« もう師走!? | トップページ | なるほど…とはいえ… »

物申す」カテゴリの記事

コメント

死刑制度ね。
執行する人の立場になると、なくなればいいなあって思う。
でも、被害者や遺族の立場になると、死刑にしてほしいって思う。
外国では懲役200年とかあるってきいたことあるけど
そういう終身刑 何で導入しないのかな?
でも刑務所が税金で運営されていることを思うと
極論ですが、人権無視の超危険労働とかさせてしまえって思う。
いきていく術がみつからず、
何度も犯罪をおかしてまで
刑務所ぐらしを望む人がたくさんいるという
この日本の社会の現状が まず腐ってるんだろうけど
ああ こんがらがってきた。
難しい問題だね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« もう師走!? | トップページ | なるほど…とはいえ… »