無料ブログはココログ

« 謎の腹痛 | トップページ | 頼もしくなってきた »

2015/07/30

健診36週

あー 無事に臨月まで来ましたー
あと2日で37週・正産期!
正産期になってなくても、赤さまは大丈夫!とは言っても、
腹の中にいた方がいいに決まっているので…

昨日の健診では、子宮口が4cmに開いてるー!
陣痛来たらあっという間に産まれちゃうよー!
ということで、
ドクターから、陣痛が起こる前に入院して、誘発分娩しては? という提案を受けました。

というのも、ボンズのお産の進みがめっちゃ速く、
お産後、助産師に忠告されたのです。
「年に1人くらい、間に合わずに家で産んじゃう人がいるんだけど、
mayuさん、その可能性がすごく高いから、次の妊娠は気をつけてねー!」
「間に合わなかったら、救急車呼ぶしかないけどね!」
(ボンズのお産については、こちら

よく、陣痛が来ても、すぐには産まれない
などと 育児雑誌とかネットに書いてありますが、
そうとは言い切れないですから!
まぁ、私はレアケースでしょうけど…(*_*)

そんな経過もあったんで、確実に病院で産めるようにしては? ということです。
自宅で産んじゃうのは、リスクが高いので、それを避けたいと。
まぁ、ヘタしたら 母子共に死にますからね…
(ちゃんとしたトコ以外で産んじゃうことを、墜落分娩 というらしいです 怖っ

「で、来週の月曜とかどう?」
いきなり 4日後!!?? (lll゚Д゚)

短い時間で色々考えたけれど、
4日後に陣痛を起こしてお産をする ということが恐ろしすぎて、腹をくくれず…笑
あと1週間猶予をくれ!!
次の健診の時までに産まれてなかったら、日程決めます!!
と訴えて、とりあえずやめときました…(;ω;)

あんなに痛い痛い陣痛は、
いつ来るかわからないから、それまで冷静にいられたのであって、
「4日後に、すっごい痛い思いをしますよー」
と言われてできるものではない と思って…。。。

痛くなくても、不規則でも、頻繁にお腹が張ったら連絡すること!
何でもなかったら、家に帰ればいいんだから…
とドクターに釘をさされて帰宅 笑

いくら怖くても、私自身もどうすることもできないリスク要因がもうひとつでもあれば、
さすがに発分娩にしてもらっていました。

例えば、
・病院までの距離が遠い・渋滞の可能性がある
  →ボンズの時の経過があったので、自宅から短時間で行ける病院しか選択してない

・降雪期である
  →凍結路面では、急いで病院行けない

・上の子をどっかに預けなきゃいけない
  →ボンズはひとりで留守番できるし、荷物持たせて同行することも可能

今は、どんなに時間がかかっても15分で病院に到着できるはず。
自宅~病院周辺より遠いところに行かないようにするので、大丈夫と踏んでます

まぁ、お産に『絶対』 はないですが…

家帰ってきてから、内科の先生が、
「出産後は、血糖値測定もインスリン注射もしなくていいですよ。」
と言っていたことを思い出し、
誘発したら、月曜からもうこんなことしなくていいんだ…
と思ったら、産んじゃった方がいいのかな~
しかも、もう恥骨も痛いし、夏の妊婦生活はもうしんどくなってきた…
などと、頭をかすめましたが…
やっぱこえー!!!

« 謎の腹痛 | トップページ | 頼もしくなってきた »

妊娠・出産 四方山話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 謎の腹痛 | トップページ | 頼もしくなってきた »