無料ブログはココログ

« 1歳2か月 | トップページ | 雪…! »

2016/11/05

仕立て上がり

できたよ と連絡が来て、引き取りに行きました
(着る予定があるので、置いてきたから出来上がりの画像なし)
Ca3i0491

反物代を支払って、残高の心細さにテンション落ちていましたが、
お仕立て代と八掛(裏地)代をさらに支払い、震えておりました。。。

気を取り直して、
せっかくお店に顔を出したのだから、作った帯以外の帯を合わせてみたりして、目の保養をしよう…と、色々乗せてみたら、これまた面白い。
絶対合わないだろうと思う色柄も、きものに乗せてみると、意外と素敵だったり。
帯締め1本変えただけで、印象ががらっと変わったり。

きものは不思議。

お店のオーナーと仕立て屋さんとおしゃべりをしていたら、今回手に入れた反物は、すごく希少なものだということを知りました。
Ca910ff0db50d34d87f65628b47053c8e14
初めて知ったのですが、きもので「純国産」のものって、ほとんどないのだそうです。
つまり、日本の蚕で絹糸を作り、その糸を使って日本で布を織り、日本で染める。
これが、通常流通しているきものの4%くらいしか純国産ではないそうな。

「純国産」の反物は、流通量も決まっていて、管理されているのだそう。
詳しくはこちら

仕立て屋さんがおっしゃっていたのですが、
「純国産」のきものを仕立てるのはこれが初めてだということ、
仕立てる際、スチームアイロンをかけると、石油のにおいがする正絹の反物がたくさんあること…

ひどいと、縫っている時に、手がピリピリするそう。

今回作ったきものがすごいんだぞ!
ということが言いたいのではなく…!!

日本のきもの文化について、日本人がその中身について無知であることに驚いたのと共に、
商業主義に走りがちなきもの業界の方たちは、売れればいいってことじゃなく、こういうことをしっかりと広めて、適正な金額で販売してほしいもんだ と痛切に感じました。

俺の通帳の残高は超さびしくなったけど、
こういうものを手に入れることが、養蚕農家さんやきもの職人さんを応援することになるのだなぁ と思うと、やっと震えが止まったのでありました…!

関連図書として、オススメします。
Photo
「買い物とわたし お伊勢丹より愛をこめて」 山内マリコ

« 1歳2か月 | トップページ | 雪…! »

きものワクワク日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 1歳2か月 | トップページ | 雪…! »